柴草玲(しばくされい) Tango de SA-GE-MA-N.

shibakusa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

だんだんと、


昨日のライブと、その周辺の事を、
冷静に振り返れるようになって来ました。
今回ご一緒できたメンバーのみなさん(すごくお久しぶり!の面々がほとんど)
について、一人一人しみじみといろいろ感じる事があったのですが、
ひとつ、ちょこっと申し上げるなら、
今回私は大変恥ずかしい事に、
ゲストの「伊藤ふみお」さんというボーカリストを知らなかったのです。
音楽情報にうといからな、たたみ。

「君の横顔」と「夢のブランコ」、
2曲のライブ用資料音源を聴いた時、
この人、なんか普通じゃないな(褒め言葉)、何者なんだ(失敬)と思いましたが、
わざと名前とか検索しないでおきました。
先入観を持ちたく無かったのです。
リハーサルで初めてお会いした時、
そのさわやか(っぽい)やや淡い色合いのトラッドな風貌と、
腰の低さと、
手首の裏側にちらっと見える刺青に、
やっぱり、なんか普通じゃないな、と思いました。

大人数のバンドの音量の中で、
歌詞が全部こちらに入って来るんです。
おこがましいながら、素敵な歌い手さんだなと思いました。





今回わたくし、
ELEには、ほんと急きょの参加だったのです。
奥村大さんが声をかけてくれました。
あたし多分役に立たないですよ〜、と電話でさんざん念を押したのですが、
それでもぜひ!と誘ってくれました。
いや〜、へなちょこ鍵盤で心からふがいなかったんですが、
ELEのみなさん、改めまして、いろいろとどうもありがとうございました。


現さんが弾いていた鍵盤パートを弾くなんて、
もちろん濃いぃプレッシャーだったのですが、
歌い切った大さんは、もっと濃かったと思います。

あの雨、記憶に残るだろうな。
by reishibakusa | 2009-05-07 02:34 | *ライブ記録