家道生荊棘、児孫防虎威・香前祈福厚・方得免分離


近くの神社に、お正月飾りを納めに行く。
15日までになんとか、と思いながら、
延び延びになってしまっていた。

人気の無い境内で、ゆっくり、絵馬などを読む。

気まぐれに、珍しくおみくじを引いてみる。
おみくじの言葉は難しい。


その場でしばらく解読を試みるが、
いろいろわからず、
思い切って売り場の方に、
「この漢字はどう読むのですか?」と聞いてみる。

「しょく。職業のしょ・く」

彼はうたうように答える。



e0029132_626364.jpg

by reishibakusa | 2012-01-28 18:56