柴草玲(しばくされい) Tango de SA-GE-MA-N.

shibakusa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

改めまして、



4/18の下北沢440にお越しくださったみなさま、
どうもありがとうございましたメルシーボクゥ。
久しぶりのメルシー兄弟と従姉シリーズ。
そして10周年の440。
今回、なんか嬉しくて、準備段階から秘かに勝手にはしゃいでおりました。
衣装なんかも含めて。

相変わらず、
己の信じる世界をひた走る山田晃士氏、最鋭輝氏は、
素晴らしいです。
思えばメルシーシリーズも断続的に数年経つわけで。
数々の濃ゆいステージとは裏腹に、
その楽屋裏、ツアーの道中では、ほんわかする記憶が多いです。
(同時に、あの時はほんとにご迷惑をおかけしてしまったなあ、、とか)

それから今回もM女史には大変お世話になりました。
どうもありがとうございました。

ステージ上のくじ引きで決めた出順は、
弟氏、兄貴氏、従姉、でした。
くじ引きにご協力くださった「女神たち」のみなさま、どうもありがとうございました。

従姉ステージは、

1、440and44、そして行天店長のこと。(即興)
2、たたみちゃんのテーマ
3、ダメですか?
4、イカ女

で、ございました。

セッションもたっぷり演りました!
お馴染みのメルシーテーマ(もう何バージョンもある)に加え、
それぞれが提案したカバー&オリジナル。
ガロあり、アリスあり、シャンソンあり。

わたしが今回提案したのは、
シャンソンの「想い出のサントロペ」、
それから、オリジナルで「ナタ男」でした。
シャンソンは新鮮だったなあ。
そして、「ナタ男」ではメルシーならではのアカペラで歌わせて頂くという、
贅沢な思いを致しました。

それにしても、最鋭輝さんの70年代的歌い回し、
晃士さんのこれでもか、の歌い上げ。
おもしろかったー。
お二方、ハマり過ぎ。さすが。
「バイバイバイ、、♪」はリハーサルの時から、
どうしても笑ってしまって困りました。

しかしほんとうに。
440は来月で10周年だそうです。
まことにおめでとうございます。


e0029132_18295747.jpg



あともうひとつ、
今回笑ってしまったできごとは、
本番前、女子トイレの洗面所スペースでこっそり着替えていたら、
440スタッフさん♂が清掃のために、ひょい、と入ってらして、
ストッキングのみの貧相なすっぽんぽん姿(ニップレス付き)を目撃されてしまった事です。
スタッフさん(イケメン)は本当に恐縮されておられましたが、
あれは、わたしが迂闊だったです。
すみません、わはははは。
by reishibakusa | 2012-04-20 18:35 | *ライブ記録