坂の上で、あこさんと攻めてみた。




楽しかったー。

e0029132_23145913.jpg


お盆中、しかも突然の豪雨などもあったのに、
いらしてくださったみなさま、
どうもありがとうございました。
最鋭輝さんはじめ、以心伝心のみなさま、
お世話になりました、ありがとうございました。
おみやげもいろいろ!ありがとうございます。
それから、持参CDまさかの完売。
う、嬉しかったです、、、感謝でございます。

遠峰あこさん相変わらずステキだったなー、
どうもありがとうございました。

あこさんは、実際ステージでご一緒すると、
こちらに響いてくる声の音圧がすごい。
それは決して、「デカい」とかいう事ではなく(もちろん声量もたっぷりなのですが)、
声そのもののちからが強く美しく、ピュアなのです。

そしてとなりで一緒に民謡をうたうと、
つられて自分もかなりうたえる気になって来るから不思議です。
「なんちゃってこぶし」をまわすのが、もうおもしろくておもしろくて。

今回のために、との"中央線のうた"嬉しかったなー。(自分は中央線沿線在住歴20年)
それから今回、
すばらしさを再認識したのが、演歌の名曲。
自宅での練習も、本番も、
とにかく燃えました。
"天城越え"などほんと、軽いトランス状態になります。

演歌に限らず、庶民の歌の名曲は、
名歌手のかたが歌われるのを聴くのもうっとりしますが、
自分がうたうのが実は一番気持ち良い、というところがすごいな、
と、改めて思いました。
("津軽〜"に関しては、自然にイントロもうたえちゃうもんなー)

死ぬまでに1曲でも、
そんな曲を作れたら、と本気で思いました。

ゆるい撮影会も可笑しかったですね〜。
昨日のわたしたちは、とってもかわいかったと思います(キッパリ)。
一緒にお花たくさんつけて。


終演後は、お店でイタリアン(ソース焼きそばにミートソースがかかっている新潟のジャンクフード・はじめて知った!とてもおいしかったです、ごちそうさまでございました)などをいただいて、
あこさんと二人してアコーディオンをしょって、
中野坂上駅まで歩きました。
いい夜でした。


。。。。。。。。。。。。

昨夜のイヌラジでは、こんなおはなしが放送されました。↓



ふじ〜。ふじ〜、、。
小松洋支さんの原稿を読む時は、
なぜかいつもちょっと、緊張します。
日本語を、改めて意識させられるからかもしれない。


。。。。。。。。。。。。。。。。

そして、いきなりこんな動画が登場!↓




ぶはははは。
三田フリーマンさん強力。
15日もがんばるぞぅ。



by reishibakusa | 2013-08-11 23:14 | *ライブ記録