婦人・ド・ノエル2013〜全記録



柴草玲クリスマススペシャルライブ
「婦人・ド・ノエル 2013 〜とても小さな秘密の、」
 
e0029132_1894554.jpg


12/20、21: 西荻窪ARTRION
12/23:宇都宮Obbligato



*セット
・ステージ床一面に薔薇花びら(赤)
・中央に古椅子×2
(両方布をかけて、ひとつはテーブル代わりに。
シルバーアンティークトレイ、オールドノリタケのティーポット&ティーカップを置き、
ステージドリンクを兼ねる)
・バックに黒布(ベルベット)&オーガンジー白布、レースなど
・スクリーン(映像出し随所にあり)

*衣装:古風な黒長袖ロングドレス(レースの付け襟、カメオブローチ)


*オープン映像〜映画DVD「幽霊と未亡人」(12/20.23に使用)
            「雪の女王」(12/21に使用)
*BGMはCDで、バッハ:「音楽の捧げもの」
開演10分前SEは、ディリアス:「ソング・オブ・サマー」(BGMの延長で)


~柴草 ドアから登場 アコーディオンで「ソング・オブ・サマー」のワンフレーズを弾きながら

<アコーディオン位置>

1、「ディリアスの夕暮れ」(1コーラス)

      
(エンディングで短い映像出し)←「手」

~映像に反応しつつ、次曲へ

2、「微粒子」

      
(エンディングで短い映像出し)←「手Ⅱ」

~映像に反応しつつ、次曲へ

3、 「トンビと旅人」


(エンディングで短い映像出し)←「ザルとあずき」

~映像に反応しつつ、次曲へ

4、「さげまんのタンゴ」(12/20)、「食卓」(12/21.23)


(エンディングで短い映像出し)←「抱擁」

~抱擁を拒否しつつ、次曲へ

5、「レクイエム」


~映像の女(もうひとりの自分)が出るのかとかまえる柴草、しかし彼女はそこにいない。
少しがっかりしつつ、次曲へ

6、「アクアリウム」


(エンディングで長い映像出し)←「ザルとあずき・ロング」から、
カズーでステージの柴草とからみつつ、
    ↓
7、「マイムマイム」
(映像そのまま・ステージの柴草と、画の柴草が踊り狂う)

やがてゆったりした流れになり、映像の女(自分)とステージの女(自分)との静かな理解の瞬間。


8、「こどもみこし」
(CDオケ出し)

曲終わって、振り返る。スクリーンには誰もいない。
少しさびしいけれど、穏やかに独りでピアノに向かうところで、(映像出し)←「羽根」

<ピアノ位置・全曲つなぎ>

9、「お葬式」(新曲)

10、「鉛色した月光の中で」(詩:宮沢賢治)

11、「会話」

12、「前山にて」(間奏から映像出し:セッティングの都合上、23日のみ)

13、「靴の詩」

14、「精霊たちのえくぼ」

(間奏終わりで映像出し~「自己との会話'13」)

15、「ザ・クリスマスソング」
(創作歌詞)

        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   

アンコール

*「たたみちゃんのテーマ・アカペラと鈴で」(12/20.21)、「しもつかれ」(23日)
*おやすみ(20.21日)、たたみちゃんのテーマ(23日)


最後の映像「花びら」


      fin


スタッフは、

全面協力及び総合仕切り人:まきのさん、
PA、映像出し全般:かたねえさん、
照明及びもろもろセッティング:Mr.まつむら工務店さん、
照明(21日):あべけんさん、
バラし:全員&スペシャルサンクスとちくみちゃん、
自己との会話部分のみ撮影:しばくささん、
フライヤ制作:小柳さん、
映像制作及び諸々フォロウ:吉野さん、


そして、アワビを一晩中コトコト煮こんでくださった、
だいじゅさんはじめ西荻窪ARTRIONのみなさま、
かわいくておいしいカップケーキを20数個、
前の晩から焼いてくださった山木さんはじめ宇都宮Obbligatoのみなさま、

心より、どうもありがとうございました。


順不同ですが、中盤までの全映像素材です。
映像の彼女(自分)が手を替え品を替え、
ステージのわたしにからみます。
いつもの1時間¥500の自己確認部屋で、限られた深夜の数時間でバ〜ッと撮らせていただきました。感謝。
↓(制作:吉野達哉さん)




3公演、いらしてくださったすべてのみなさま、
どうもありがとうございました!!!
MC無しの2時間超、おつきあいくださりひたすら感謝でございます。
おみやげもたくさん、お心遣い誠にありがとうございます。


いろいろとバタバタしながらも、
今年のノエルはまた、格別な思いでございました。
来年は何をやろうかな。


e0029132_1741282.jpg

(↑アートリオンにて、二日目、バラし終了後)

e0029132_17414054.jpg

(↑オブリガート公演、終盤)




最後に、シンナーの匂いと仕込みの12月、何度も何度も発狂しそうになった時、
正気に戻してくれたピナ・バウシュと岡本太郎に感謝を。
by reishibakusa | 2013-12-29 17:42 | *ライブ記録

柴草玲(しばくされい):1968年4月1日生まれ。自称ミュージシャン。自称たたみ。身持ちは堅い。


by reishibakusa