ブログトップ | ログイン

柴草玲(しばくされい) Tango de SA-GE-MA-N.

『婦人・ド・ノエル 2016』全記録 (その1)



遅ればせながら、『婦人・ド・ノエル 2016』全記録です。
当日、スタッフ、出演者全員に配布した構成表に加筆しながら、
たくさんの写真と共に、何度かに分けて、あの日のストーリーを綴って行こうと思います。
たぶん相当長くなります、
もしよろしければ、かなり気長におつき合いくださいましたら幸いでございます。




'16 12/24

恵比寿天窓.switch

柴草玲クリスマススペシャルライブ

「婦人・ド・ノエル 2016」


出演:ノエル婦人/柴草玲

   チェロ奏者/四家卯大

   トロンボーン奏者/東條あづさ


フライヤー、チケット、コラージュ画像制作:小柳和久


映像総合制作:吉野達哉



音響:野口大志(恵比寿天窓.switch)

照明:清水麻沙里(恵比寿天窓.switch)


ご協力くださったスタッフの方々:

松村純一さん(映像出しその他いろいろ)はじめ、恵比寿天窓.switchのみなさま

ぺゑさん(桜の花びら制作その他いろいろ)


MACKIE(総合仕切りその他いろいろ)





.............................................


おそらくどこかのオペラ座開演前のオケピット。譜面台がたくさん並んでいる。
今夜のコンサートに向けて、チェロ奏者(四家卯大さん)とトロンボーン奏者(東條あづささん)が、
演奏予定曲の、気になる箇所をチェックしている。

そこに、部屋着のような格好のノエル婦人(柴草)が枯れた花束を持って、ふらり、と現れる。
彼女は、まだ空っぽの客席に向かって、何度もお辞儀をしたり、笑顔を振りまいたりしている。
ノエル婦人は、このあたりでもちょっと有名な様子のおかしい老婦人であり、
自分は過去、マリア・カラスのような世界的プリマドンナだったという妄想の中に生きている。
(もしかしたら本当にそうだったのかもしれない)
近所の人には、「プリマさん」とか、「トスカさん」などと呼ばれている。
演奏家たちは、ノエル婦人が来たことに気づくが、特に珍しくもないので気にするでもなく、
曲のチェックなどを続けている。

やがて、「歌劇:トスカ」における有名なアリアの一節が演奏されたのをきっかけに、
ノエル婦人が演奏家二人を激しく意識し、執拗に絡みだすこととなる。




e0029132_18020236.jpg
(撮影:小柳和久氏)

続きはこちら。







ノエル婦人は、いやがる演奏家二人に無理やり伴奏させて、そのアリアを歌おうとする。
チェロ奏者もトロンボーン奏者も、そんなことに付き合ってはいられないのだが、
無視していると何をされるかわからないこともあり、しぶしぶ演奏してあげる。
しかしノエル婦人は、アリアのクライマックスである高音の箇所が来ると、
なにかしら理由をつけて突然中断、という行為を繰り返す。



e0029132_18070677.jpg

e0029132_18073328.jpg
e0029132_20373395.jpg

e0029132_18080283.jpg

e0029132_20562379.jpg


すっかりうんざりした演奏家二人は、もう、ノエル婦人を相手にすることをやめ、
それぞれの作業に戻るが、それを気に入らないノエル婦人が、
”歌のようなもの”を叫んだり、暴れたりするため、
困惑して四苦八苦しているうちに、なぜかいつしか、全員での熱い演奏が始まってしまう。


e0029132_20555064.jpg



e0029132_18141577.jpg

e0029132_18145859.jpg
e0029132_22275447.jpg


ノエル婦人の”歌のようなもの”は、混沌とした音の中で、わけのわからない言語から、徐々に日本語に変わってゆく。



M1「煉瓦のかぞえ唄」


e0029132_18163355.jpg

e0029132_18165135.jpg


歌い終わりと同時に、ノエル婦人の脳内風景が、スクリーンに映し出される。


~*映像1:プリマドンナだった過去の妄想(無音)

(喝采する満員の観客、ドレスを着てカーテンコールに応える若くてきれいな頃の自分、大勢のセレブなファンに囲まれる様子、など)


e0029132_20035850.jpg



ノエル婦人は、演奏家二人に、それはそれは華やかだった過去を、
嬉しそうに、懐かしそうに、自慢げに、身振り手振りで話しているようだが、
演奏家たちはまったく聞いていない。



e0029132_18275583.jpg

e0029132_18254584.jpg



話を聞いてくれないことに機嫌を損ねたノエル婦人は、抗議するように唸り出し、
それはいつしか、一定のリズムを刻む、ハーモニーとなってゆく。



M2「ホテルおぎくぼ」(ルーパー使用)


ハーモニーの名残りが続く中、何かをさがすように急にさまよい出すノエル婦人。

オーケストラの団員の持ち物であるらしいアコーディオンを見つけてしまい、珍しそうに触っている。演奏家二人は、元の位置に戻すよう促すが、言うことを聞かない。


e0029132_20385471.jpg

e0029132_20405978.jpg




M3「微粒子」(アコーディオン使用)


e0029132_20484377.jpg


歌い終わりと同時に、ノエル婦人の脳内風景が、再度スクリーンに映し出される。


*映像2:プリマドンナだった過去の妄想続き(無音)



相変わらず華やかな過去の内容だが、時折、画像がやや乱れつつある。
ノエル婦人は、演奏家たちに身振り手振りで昔話をしながらも、
徐々に記憶が混濁してゆく。
頭を痛そうに押さえたり、首をかしげたりするノエル婦人。
演奏家二人は、そのことを特に気にしていない様子。


e0029132_20480066.jpg



e0029132_20470513.jpg
e0029132_20454171.jpg




                                         つづく。


by reishibakusa | 2017-01-03 21:25 | *婦人・ド・ノエル 2016 記録