ブログトップ | ログイン

柴草玲(しばくされい) Tango de SA-GE-MA-N.

『婦人・ド・ノエル 2016』全記録:後記



やたらと長くなってしまったノエル’16全記録、
ご覧くださったみなさま、
ほんとうにどうもありがとうございます。

つづきはこちら






四家卯大さん、東條あづささんというすばらしい演奏家と共に今回のノエルを演れたこと、
いろいろと振り返ってみて、改めて感謝しております。


自分の書いた楽譜の数々が、あまりに拙く、かつ、読みにくかったもので、
おふたりには、かなり難儀させてしまったと思うのですが、
(構成の段取りもいろいろあるし)
とても細かくそれぞれに修正してくださり、
本番で見やすいように各々で書き直してくださり、
音楽として成立させることができました。
終始、プロで大人な対応に、恐縮&感謝でいっぱいでした。

東條さんは、本番直前に、
わたしの黒ドレスの袖のほつれを直してくださったりもしたのですよ。
(もうほんとに時間が無くて、ドレスを着用したままの状態で)
ライブ前の演奏家に針仕事をさせてしまうなんて!
しかし、ほんとに助かりました、ありがとうございました。


いろいろ準備は苦戦したけれど、
本番、やっぱりすごく楽しかったなあ。。。



e0029132_23365325.jpg
e0029132_23371421.jpg
e0029132_23373614.jpg
↑当日リハ風景。吉野達哉氏撮影。



本来なら、別に1日たっぷり設けて、
通しリハや、細かいチェックを行うような内容でありながらも、
諸事情により、やはり、
現場スタッフのみなみなさまには、
バクチのような、当日勝負をお願いすることとなってしまい、
いつもほんと申し訳ない限りなのですが、
凄まじい集中力と瞬発力で、さすがの対応をしてくださいました。
(あとから写真を見て、あのアンコールの月、感激しました、、)


そもそも無理を言って、
通常より相当早くお店を開けていただき、全員会場入りしていただくのです。
恵比寿.switchのみなさまには、
頭が上がらないです、本当に感謝です。


そして、あの名作映像の数々は、
「さげまん〜」映像でもお馴染みの、吉野達哉氏制作です。
自宅で自撮りし、吉野さんのお仕事場におジャマしてデータを取り込んでいただき編集、、
という方法を繰り返しながら進めていったわけですが、
例えば、わたしが、真剣だけれどどうにもわかりにくい説明を1コしたとすれば、
吉野さんは、10コくらい、あっという間に汲み取ってくださり、
さらに、独特な世界を広げてくださるのです。
相当タイトながらも、とにかく爆笑を交えながらの本当に楽しい作業でした。

完成データで、桜が散るシーンを初めて見たときは涙出た。
ライブ演出のための映像でありながらも、そのままDVD作品にしたいくらいです。



e0029132_23533400.jpg
(撮影現場はこんな感じ。自宅です。
吉野さんからお借りした、合成用の布を貼って、
家庭用ハンディカムでひとつひとつ撮っていくわけですが、
今年も、露出やらピントやらをやっぱりぜんぜん使いこなせませんでした、、。
しかし、すべてよしなにしてくださいました)




映像の合間のナイスコラ画像制作は、
フライヤー&チケットをいつも作ってくださっている、小柳和久氏でした。
今回、テーマに「オペラ」「マリア・カラス」というキーワードがあったため、
コラ画像のボディ部分は、すべてカラスでいこう、ということになりまして。

なんとも絶妙な強引な縮尺、
けれど、かなり細かい職人技と”シャレ”(←ここがほんと大事)を効かせてくださって、
準備期間中、画像を送っていただくたびに大ウケして、
疲れが一瞬ふっとんでましたから。


e0029132_23571378.jpg

e0029132_23574053.jpg

(カラスは体格が良いから、
わたしの顔が乗っかると、なんだか妙なバランスになるわけです。
しかしひとつひとつの画像、
素人の自分にわからないところで相当に細かく手を加えてくださっているのです。
おそらく、万が一のクレームが来ないような配慮などもしてくださっていると思われ、、。
これぞまさに職人技です)



そして、準備から本番までのすべてのフォロゥ、
毎年ノエルは全面的にお世話になっている、
まきのさんがいろいろと骨を折ってくださいました。
あの、ピアノからこぼれる大量の美しい花びらも、
助っ人のぺえさんと共に、つくってくださいました。
あのピンク色は、あとから写真で見てほんとに感動したなあ。



今回のノエル婦人の衣装、
最初の白いバージョンは、古着のネグリジェやレース生地などを縫い合わせて作りました。
白いヘッドドレスも、ネット生地を2種類組み合わせた手作りです。

あと今回、何気に活躍してくれたのが、
以前買ったものの、出番がいまひとつ無かった縦ロール部分ウィッグ。



e0029132_00061495.jpg
(前半、ノエル婦人の妄想映像の中では、
いつものおかっぱウィッグと合わせて、こんな風な髪型になっていたわけです。
役に立ってヨカッタ)



衣装のことをああだこうだと考えるのは、
どんなに寝不足だろうが、
いつも、本当に夢の広がる楽しい行程です。


物販では、四家東亜子さんもお手伝いしてくださって感謝でした。
(フライヤもたくさん配布してくださいました)
最後に、終演後の集合写真をもう一度アップして
(もうけっこういい時間だったため、東條さん帰られてしまったあとなのですが、、)、
乱文ながら、締めくくりたいと思います。


e0029132_00390565.jpg


改めまして、
今回もお越しくださったすべてのみなさま、
がんばってね、と声をかけてくださったみなさま、
関わってくださったすべてのみなさまに、
心からの感謝を。

ほんとうにどうもありがとうございました。




、、、毎回毎回、ノエルを終えると、
数々の新たな課題を抱えながらも、心身空っぽになり、
次回を開催することなど、実は微塵も想像できないのですが、
やっぱり、この公演は、
許される限り続けていきたいな、と思っています。

さらにばかばかしく、あわよくば美しく。

精進します。


最後まで、お読みくださった稀有な紳士淑女のみなさま、
どうもありがとうございましたemoticon-0152-heart.gif




by reishibakusa | 2017-02-03 01:03 | *婦人・ド・ノエル 2016 記録