婦人・ド・ノエル終了!の長〜いセルフレポ。


いらしてくださった全てのみなさま、
温かい拍手を、本当にどうもありがとうございました!!
すてきなプレゼントもたくさん頂きまして、
どうもありがとうございます、メルシィボクゥ!

構成は、

SE〜客席後方から「ジュ・トゥ・ヴ(インスト)」弾きつつ、
婦人・ド・ノエル(柴草玲)登場〜

<アコーディオン>
1、 オキナワソバヤのネエサンへ
2、 食卓
3、 煉瓦のかぞえ唄

〜パリジェンヌ(井上都紀)通りすがる〜

4、 福島の兄

〜パリジェンヌ、再度通りすがる〜

5、 金魚

〜パリジェンヌと婦人・ド・ノエルの出会い〜パフォーマンス〜

<センターハンドマイク>
6、 バレバレ

〜SE:「冬」パリジェンヌと婦人・ド・ノエル 束の間の労り合いの舞〜パリジェンヌ静かに立ち去る〜

7、 レクイエム

〜婦人・ド・ノエル移動、キャンドル点火

<ピアノ>
8、 雪
9、 蒼い影
10、アクアリウム
11、夏
12、会話
13、精霊たちのえくぼ
〜婦人・ド・ノエルから柴草さんへの言葉
14、きよしこの夜

〜キャンドル消火

:アンコール
<ピアノ>
1、ゴルゴ13
2、おばあちゃんの梅干し


で、ございました。

今回、パリジェンヌ役出演始め、冒頭のSE、2人のダンス振り付け、
パフォーマンス演出協力などなど、本当にいろいろと大活躍してくださったのは、
井上都紀カントクでした。
ダンスの途中でがばっと抱き合った時に、
お互いにあまりにも息ゼイゼイ&心臓バクバクでおかしかったなあ。
クリスマスシリーズにご一緒して頂くのも、
もう3度目ですね。
カントク、時間の無い中で、どうもありがとうございました、
お疲れ様でした!


そして、
中盤の「バレバレ」〜SE「冬」〜「レクイエム」の
バックトラックのプログラミング協力及び、
素晴らしいサウンド仕上げをしてくださったのは、
山口一久さんでした。
夜遅くに、何度も自宅に足を運んで頂きまして、
私のあまりのパソコン音痴に、きっとあきれつつも、
終始にこやかに付き合って頂き、
シュールで温かく、芯のあるサウンドにして頂きました。
どうもありがとうございました、お疲れさまでした!

それから、galaboxえりさんには、
物販だけなく、何かと細かいケアもして頂きました。
どうもありがとうございました、お疲れさまでした!

そしてそして、
今年も全面協力してくださったswitch スタッフのみなさま、
本当にどうもありがとうございました、お疲れさまでした!
特にswitchまきのさんには、行き帰りの荷物運搬(すごい大荷物)まですっかりお世話になってしまいまして、心から感謝でございます。



ステージに敷き詰めた落ち葉は、
茶系を中心に、赤系、黄系を取り混ぜ、
近所で70ℓのゴミ袋に3袋分集め、
一応フマキラーをまんべんなくあえて、
ベランダで乾燥させ、ユーカリオイルで軽く香り付けをしたものでした。

「ちゃんときれいに後片付けしますから」とswitchさんに言って、
ステージに大々的に敷かせて頂いたのですが、
結局、ライブ後に全部片付けてくださったのは、
スタッフのみなさま(&カントク)でした、すみません、ほんとすみません。


e0029132_2121251.jpg
e0029132_21242526.jpg


今回ステージ上で使った小道具は、全て私物なのですが、
唯一、もうだんとつの高級品は、この”婦人・ド・ノエルの物乞い缶”です。


e0029132_21462493.jpge0029132_21464585.jpg
1940年代、ロンドンのものだそうです。

そして、もうみなさまお気づきかと思いますが、
少し前に購入した”それ”は、ホーナーのアコーディオンでした。


e0029132_2251659.jpg


蛇腹とベースボタンは、
とりあえず、3週間ではマスターできない事がよくわかりました。(当たり前)
気長に付き合って行こうと思います。



ライブ後は、激空腹だったので、
帰り、送って頂きがてらに、まきのさん、井上カントクと共にラーメン屋に入り、
欲張って味噌トンコツラーメン、ミニいくら丼、ギョウザを頼んだのですが、
急にお腹いっぱいになってかなり残してしまい、悔しかったです。

帰宅後は、小道具荷物の中でしばし呆然としながら、
頂いたお菓子をむさぼり喰い(ラーメン残したくせに)、
とりあえず風呂に浸かってみたのですが、
気がついたら、湯船の中で熟睡してまして、
目覚めてあわてて、そのままどこも洗わずに、髪にバスタオルを巻き付けて、
敷きっぱなしだった布団に直行しました。


あーあ。
”婦人・ド・ノエル”終わっちゃったなあ〜。
いつか、3日間連続くらいでやってみたいです。

「またそんな大口叩いて。
 体力無いくせに。
 でも、許してあげる。
 わたしはあなたで、
 あなたはわたしだから。

   by 婦人・ド・ノエル」
by reishibakusa | 2007-12-16 21:21 | *ライブ記録

柴草玲(しばくされい):1968年4月1日生まれ。自称ミュージシャン。自称たたみ。身持ちは堅い。


by reishibakusa