2005年 08月 05日 ( 1 )

お稽古。

井上カントク第二回目作品「Mademoiselle Audrey(マドモワゼル オードレイ)」
のお稽古。
10分の短編でも、やる事はぎっしり。

相手役がダニエルさんと言うフランス人女性なのだけれど、
瞳キラキラの大変魅力的な方だ。

ドアを開けて入って来たダニエルさんに、
私が怒鳴りつけるシーンがある。
ここでは最高潮に怒っていなければいけないのに、
入って来たダニエルさんに見つめられると、
どうしても笑ってしまう。

ダニエルさんは、
どうして私が笑ってしまうのかがさっぱり理解できず、
お稽古が終わってから、
「ねえ、あの彼女が笑ってしまうところ、私どうしたらいいかしら?(多分)」
と、カントクに真剣に相談していた。

かなり目上の方に向かって、失礼なのは重々承知の上、
ああ、キュートだなあ。

明日も、このキュートな方に、
がんばって怒鳴りつけよう。
by reishibakusa | 2005-08-05 09:56