ブログトップ | ログイン

柴草玲(しばくされい) Tango de SA-GE-MA-N.

リズム録音。

朝から張り切って、
昨日買っておいた”まい泉”のヒレカツ弁当を温めて食べ、
いざ、近所のスタジオへ。

今日は楽しみにしていたリズム録り。
メンバーは、ドラム&パーカッションにお馴染みグレイス、
ベース&小物にかわいしのぶちゃん、そして、ギターは長見順ちゃん。

すこぶる順調で、晩ごはん前に予定の3曲、
しかも急遽お願いしたコーラスまでバッチリ録れてしまった。

血沸き愛踊る、なんともステキな音が、
その時間と共に、テープに記録されたわけで。
楽しかったな〜。
私はこの人たちが好きだ。ブチュ〜!!


e0029132_20382879.jpg
きっと何か意味があるに違いない、向かい合ったセッティングのマイクでコーラス録り。右側はトールサイズ、左はショート。



e0029132_20385451.jpg
お試し一人ダビングにグレイスが付き合ってくれた。ピースするのはしのぶ姫。



e0029132_20394249.jpg
大まじめ。



e0029132_20401156.jpg
録音終了後、みんなでとあるフィギュアスケート選手になりきっている。と言っても、私と順ちゃんは、オリンピックを特に見ないので、あくまでも想像で。




e0029132_2051929.gif
次はバンクーバー(多分)よ!




感無量でごわす。                                          



( 写真提供:galabox えりさん)
by reishibakusa | 2006-02-26 23:40

イヌラジ情報。

さて、明日26日(深夜)の放送(FM栃木MUSIC BIRD)では、
いよいよ、オリジナルカルタの抽選会を致します。
今回、本当にたくさんご応募頂きました。
どうもありがとうございました!

e0029132_2161816.jpg
(や)”大和系フォークシンガー”

e0029132_2422268.jpg

(ち)”乳首を出すのはどうかと思う”



そしてそして、
来月は、
なんと天才かわいしのぶ 姫がゲストで登場致します!

先日、すでに収録をさせて頂いたのですが、
トークでも、スペシャルコーナーでも、そして選曲でも、
しのぶちゃんワールドを大変素敵に炸裂させてくださいまして、
いつもの小さなスタジオの中で、
明るく朗らかに、そして確実に、
時空がねじれて行くようでありました。
いやあ、楽しかった。
オリジナル曲を何曲か演奏して頂いた後、
ふと横を見ると、
ディレクター氏が、ミキサー卓に突っ伏しておりました。(本当)

3月5日、12日の放送になります。
どうぞお楽しみに!

では、収録後にしのぶちゃんのデジカメで撮らせてもらったスリーショット写真を。

e0029132_2125387.jpg
この笑顔の下に、とびきり上質の頭脳が隠されている。
by reishibakusa | 2006-02-25 21:28

合奏。

夜、グレイス の叩き語り&弾き語りライブがあるので、
見に行くよ〜、と連絡したら、
だったら1曲ピアノを、と誘ってもらい、
急遽飛び入り参加。

登場の仕方からして、
我ながらかなり間が悪くて笑えたが、
そんな事よりも、
久しぶりにステージでピアノを弾いて、声を出せて、
とても楽しかった、ありがとう、グレイス。

グレイスは今日もかなりかっこ良かった。
こんな人、他にはいないのだ。


私もちょっとライブやりたくなっちゃった。
by reishibakusa | 2006-02-24 23:05

近所のスタジオで録音。

弾き語り2曲。
一発録り。

お昼ごはんはクリームパン。

晩ごはんはサーモンといくらのクリームスパゲティ。
by reishibakusa | 2006-02-22 23:04

無題。

宅録を再開してみる。

今日は一歩も外へ出なかった。

前山も雨かなあ、と、
夕方、西の方の空を眺める。
by reishibakusa | 2006-02-20 19:40

来週、スタジオで弾き語りで録音する曲を、
部屋で実際に録音しながら練習していたら、
窓辺にやって来たヒヨドリの声が一緒に入った。

それを聴いているうちに、
ここ最近ずっとやって来た、
打ち込み作業を全部、いったん、振り出しに戻す事にした。

ちょっとお散歩でもしつつ。
by reishibakusa | 2006-02-13 13:41

踊る宅録。〜17〜

昨夜、変な夢を見た。

誰かがステージで、物真似をする。
プラハのロック歌手の真似だ、と言う。
マイクで何か一言、Bで始まる単語を言う。

その単語のニュアンスと言い、
マイクの”吹き加減”と言い、
すごくプラハのロック歌手に似ていて、
もう私はおかしくておかしくて、
お腹を抱えてゲラゲラ笑っている。

でも、よく考えたら、プラハのロック歌手なんて知らないのだった、
と言う夢。

夢における”爆笑”には、どんな意味合いがあるんだろう。


それはともかく、
他人が見た不条理な夢の話ほど、
つまらないものは無いですよね、
あいすみません。
by reishibakusa | 2006-02-10 23:51

踊る宅録。〜16〜

マンションの敷地内にある、
とても小さな実のなる柿の木に、
このところ、ヒヨドリやらムクドリやら、大挙してやって来ている。
見たところ、熟し過ぎて腐りかけの実が、
どうやら鳥的には食べ頃らしいのだ。

にぎやかな中、今日は、
窓辺のお米を、2、3羽のヒヨドリが奪い合う図を目撃した。
そんなのは初めて見た。

羽をバサバサさせながら、器用に空中で静止したりするので、
ヒヨドリを正面からよく観察できて、面白かった。

それにしても、ビャービャーうるさい事。

ケンカするのなら、
もうお米、あげませんからね。
by reishibakusa | 2006-02-08 23:07

藤岡藤巻。

かねてから興味津々だった、
”藤岡藤巻”のライブを観に行く。

いやあ、笑った。
特に、「死ね バレンタイン(デー?)」と言う曲は、
かなりツボに入った。

面白かったな〜。



さあ、明日からはまた、作業だ。
by reishibakusa | 2006-02-06 22:16

ヒナのうた。

甥の通っている幼稚園の発表会で、
年少さんが全員で”ヒナのうた”を歌ってくれる、と言う。
それはぜひ観なくては、と、早起きして出かける。

この幼稚園には、姪も通っていたので、
発表会には何度か足を運んでいるのだが、
いつも立派なホールで行われ、かなりエンターテインメントなのである。

”ヒナのうた”は、そもそも子供向けに作った曲、と言うわけでは無いので、
みんな難しくないかしら、と思って、そわそわしながら聴いていたのであるが、
子供たちは、とてもかわいい声で歌ってくれて、
途中ちょっと込み上げるものがあったのには、自分でも意外だった。
それから、子供たちが歌いやすいようにとの、
先生方の涙ぐましい努力と工夫が随所に見られ、恐れ入った。

休憩中、椅子に寄りかかって思い切りのびをしていたら、
感じの良い男の先生がわざわざ挨拶に見えられ、あたふたする。
後で聞くと、その方は園長先生、との事であった。

「甥がいつもお世話になっております。」のひと事もろくに言えない叔母なのであった。
面目無い。


帰り道、車の中で、
「ねえねえ、いつもどんな歌が好きなの?」と甥に聞いてみる。
最近の幼稚園児はどういう好みなのか、単純にリサーチしようと思ったのであるが、
甥は、ちょっと間を置いて、
「ヒナのうたかな〜。」
と言った。

5歳児に気を使わせてしまった。


ところで、今日最初にホールエントランスに入った時、
真っ先に8歳の姪がソファに座っているのが目に入ったのであるが、
同い年の子たちの中でも背が高い方であるらしい姪は、
妙に涼しげに、スッと背筋を伸ばして座っていて、
何と言うかもうすっかり、一人の立派な少女だった。
れいちゃん、れいちゃん、とひたすら絡み付いて来る、
彼女との貴重なある種の蜜月は、忙しさにかまけているうちに、
終わったんだな、と思う。
これからは、一女子対一女子だ。

この先私は、あなたの叔母として、

あなたを頼りにしているわ。
by reishibakusa | 2006-02-05 21:32