<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

毎日が休日。

今後の”婦人”衣装の研究、と言う名目で、
ウィンドウショッピングの午後。
自分には到底買う事のできない高価なお洋服の、
その美しいデザインや、上等な布地の感触に、ただうっとり。
満喫した後は、おいしいお紅茶とケーキを頂いて、
CDを2枚買って帰る。

帰ったら、シャンパン(先日のライブでプレゼントして頂いたもの。
もったいなくて、まだ未開封。)を開けて、
どっぷりフランス印象派の雰囲気に浸ろう、と思っていたのに、
どういうわけか、
”イヌラジ音頭”という小唄を作ってしまい、
今に至る。

なぜに音頭?
by reishibakusa | 2006-07-31 23:55

ライブのお写真。

どど〜んとアップ致します。
下に長くてすみません。
お写真提供は、とちもとくみこちゃんと、"galabox" えりさんです、どうもありがとう!


e0029132_18191964.jpg
カシオトーンを愛す。


e0029132_18204197.jpg
合奏は楽し。


e0029132_1820585.jpg
グレイスとツーショット。


e0029132_182195.jpg
お手伝いさんルックのしのぶ姫。


e0029132_18212256.jpg
マダムギターじゅんちゃん。


e0029132_18222510.jpg
”ゴルゴ13”を熱唱中。


e0029132_18245382.jpg
踊る。


e0029132_18253889.jpg
踊り続ける。


e0029132_18263832.jpg
歌も歌う。


e0029132_18302873.jpg
犬ゴルゴは井上カントク。


e0029132_18311062.jpg
みなさまどうもありがとう。



by reishibakusa | 2006-07-30 12:06 | *ライブ記録

『小唄婦人』発売ライブ無事終了!

昨夜は、本当にたくさんのみなさまにお越し頂きました。
わたくしの最近のライブでは珍しい事に、
チケットが完売したそうでございます。おお。

お暑い中、恵比寿まで足を運んで頂いた全てのみなさま、
本当にどうもありがとうございました!!

ひえ〜、始まっちゃうよ〜、お腹痛いよう〜、とビビる小唄婦人を、
「だいじょうぶ」「だいじょうぶだから」「いいお腹、いいお腹」、
と励まして送り出してくれたのは、親愛なるメンバーでございました。
ああ、合奏、楽しかったな〜!!
ぐれいす、しのぶちゃん、じゅんちゃん、
本当にすばらしい演奏と、やさしさに、心から感謝しています。
どうもありがとう!

そして、
オープニング映像制作と、ゴルゴ13での振り付け並びに、
あのステキな犬ゴルゴ役は、井上都紀カントクでございました。
いつも、わたくしが突然思いつき、急にお願いするのものですから、
当然、かなり時間が無いわけなのですが、
細かい所までいろいろと準備して頂き、
何よりも、見事な踊りを披露して頂きました。
カントクゥ!また一緒に踊りましょう。ありがとうございました!

そして、今回『小唄婦人』共同制作でもありますキャピタルヴィレッジのスタッフのみなさま、
助っ人えりさん、まきのさん始めswitchのみなさま、
毎度お付き合い頂き、どうもありがとうございます。
みなさま、お疲れ様でございました!


それからmyカシオトーン。
ご苦労だったわ。



それでは、昨夜の曲目でございます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜(オープニング映像)

〜(柴草登場、センター位置、カシオトーン)

1、マシェール
2、ヘルスメーター
3、白鳥の詩
4、てんとうむしのうた
5、カシオ讃歌
6、首相とオリビア
7、ごめんなさい
8、安い男
9 、NY
10、P.S

(メンバー登場、柴草はピアノへ移動)

11、だれだっけ?
12、どっちがショボいかな
13、ナタ男
14、さよならウンチ
15、20世紀バレエ団を観た帰り

(メンバー紹介)

16、ヒナのうた
17、キッチンおじさん
18、桜島

〜〜〜アンコール〜〜〜〜〜〜〜〜

1、ゴルゴ13のうた(カラオケ ハンドマイク 踊りwith犬ゴルゴ)
 〜(メンバー呼び込み)
2、アクアリウム

〜〜〜アンコール〜〜〜〜〜〜〜〜
アカシヤの部屋で (ピアノ弾き語り)


で、ございました。



ニュゥアルバム『小唄婦人』は、しばらくの間、
今後のライブ会場での販売が中心となります。
少し先になりますが、秋には店頭でも販売して頂けるそうでございます。

ひょっとして、お店や通販などですぐにご購入頂ける予定でいらして、
今、これを読んでがっかりされてしまった方いらっしゃいましたら、
本当にごめんなさい!!
現在、いろいろな形での販売の準備をして頂いておりますので、
しばしの間、楽しみにお待ち頂けたら、
わたくし、とても幸せでございます!
具体的になり次第、すぐにこのブログにてお知らせ致します。

秋のツアーも計画中です!


e0029132_1404451.jpg





小唄婦人準備中。昨日のヘアメイクは、天才チカちゃんでした。どうもありがとう!(原宿TRIBE にて。)
by reishibakusa | 2006-07-27 23:52 | *ライブ記録

早起きさん。

ちょっと風邪気味だったので、
これはいけない、と市販の薬を飲みつつ、
ここ2日間、ほとんど寝て過ごしてみたら、
今朝になって、いきなり回復した。

おお。さんざん眠った甲斐があるなあ〜。

しかし、朝5時に目覚めると、さすがにヒマだ。
小唄でも作ろうかな。
by reishibakusa | 2006-07-21 05:32

前山行き。

おばあちゃんに会った。
97歳になる、ゴッドマザーだ。
「帽子かぶってるのか。えらいきちんとしてるな。」
としっかりした口調で言われた。

姪と手をつないで、
”前山”の石段を降りた。
甥はすぐに、靴下を脱いでしまう。

お線香をあげた。
れいちゃん、CD売れてんの?
いや〜、そんなに売れてないんだ〜、と言う会話が思い出された。
そのいとこと、
あまり言葉を交わした事は無かったけれど。

大好きなおばちゃんが、
まっしろしろすけの事を、
「いい曲だねえ。」と心からほめてくれた。
このおばちゃんは、とてもやさしい。
そして、つよい。

今日再会したたくさんの人々と、
少なからず、どこかしら、私の顔は似ているのだ。

当たり前だけれど、不思議な事だ。
by reishibakusa | 2006-07-16 00:00

フランス旅行〜完〜

夕方、東京に帰る。

帰ったら、フランスからメールが来ていた。

”柴草さまのまたのお越しを、
お山の小さなフランスにて心よりお待ち申し上げております。”

との事だった。

メルシー、フランス。
by reishibakusa | 2006-07-13 00:00

フランス旅行〜3〜

夕方、一時出国。
きちんと時間を調べ、
お山を下るバスに乗ってみた。

街に着く。
この街には数回来た事がある。

最初に来たのは中学生の時。
修学旅行で私は、
同じクラスの○○君と両思いかもしれない!と言う、
いかにも思春期女子的なドキドキイベントがあり、
秘かにたいそう盛り上がっていた。

土産物店が並ぶアーケードで、
300円のペンダントに名前を入れてくれる、と言う。
友達がみんな買っているので私も真似して300円払い、
”Rei”と彫ってもらった。

後日、その○○君と、それぞれのネーム入りペンダントを交換する事になる。

しかし、
私がもらったその○○君のネーム入りペンダントは、
実は、彼を好きな別の女子から彼がもらったものだった、と言う事が判明。
確か○○君は必死に違う、と言い張っていたが、(と言う事は、私が問い詰めたのか?)
中学生女子ならばもう立派すぎるほど女の勘は働くし、
今から考えても、やはりあれはもらいものだったんだろうなあ、と思う。

彼の中学生男子的浅はかさもおおいに笑えるが、
それよりも、その別の女子が、
買ったペンダントにすかさず彼の名前を入れてもらっていた、
と言う事に、恐れ入る。

ともかく、この小さなエピソードは、
来るべき未来の私の男運を、ほのかに暗示していたのか、いないのか。

そんな事を考えながらお豆腐を食べる。

実は、この街をめぐるエピソードは約もうひとつあるのだけれど、
その約もうひとつの方は、あまり面白くない。


夜は再びフランス。

カーテンを全開にしてベッドに寝転がり、
雲&月スペクタクルショーを見ているうちに、
いつの間にか眠ってしまった。

明日は帰国。
by reishibakusa | 2006-07-12 00:00

フランス旅行〜2〜

ボンジューフ。

朝はカフェオレ、クロワッサン。
フランスの目覚めはセ・トレボン。

卵のココットにサラダニシソワーズ、フルーツまで食べたら、
また眠くなって、少し朝寝。

お昼前、起き上がってお洋服をきちんと着て、お帽子をかぶり、
フランスの外に出ようとしたら、1時間に1本のバスが行ってしまったところだった。

そのまま突っ立っていると、
昨日とは別の親切な黒髪のお兄さんが、
丁重に車でお山のてっぺんまで連れて行ってくれた。

お山のてっぺんのお花畑で遊ぶ。
石のかげからトカゲが顔を出している。

まあ大きなトカゲ、と思って、
近付いてみたら足が無かった。
走って逃げる。
逃げる。
走って逃げたのは、ずいぶん久しぶり。

夜はフランス。
ここなら安全。

窓から満月見学。
雲と月のスペクタクルショーはひたすら続く。
電柱の無い夜空を見るのも久しぶり。

途中、
雲と雲が折り重なって、
偶然、鳥居のような形になった。

嗚呼、わが祖国よ。
by reishibakusa | 2006-07-11 00:00

フランス旅行〜1〜

フランスへ行きたくなったので、新幹線に乗った。

とある駅で降り、さらに電車とタクシーを乗り継いで、
お山の中腹に着いた。

親切な黒髪のお兄さんがプロヴァンスへ入るキーをくれたので、
扉を開けると、
品の良いベッドとソファー、
それに、
窓の外にはフランス式の庭園、
さらにその彼方には、大きな湖があった。

ドアノブにかける札に、
ふくろうの絵が描いてあり、
そのふくろうは、
表では”そっとしておいておくれやす”
裏では”部屋をお掃除しておくれやす”
と言っていた。

ここはフランス。

パスポートはいらない。
by reishibakusa | 2006-07-10 00:00

しばくさ代理婦人

しばくささんへ

うろたえてるのね。
終わったの、ええ、宅録は全て終わったのよ。
どうやら自覚できずに、混乱しているようね。
仕方無いわ、
ずいぶん長くかかったもの。
当初は冬ごもり、とか言っていたけれど、
もうすぐ七夕よ、可笑しいわね。
いいわ、
あなたがずっと怖がってできずにいた事、
今夜は私がかわりにやってあげる。
ライブの告知よ。



〜柴草玲ニュゥアルバム『小唄婦人』発売記念ライブ〜

【日時】2006年7月26日(水)
開場 18:30/開演 19:00
【会場】YEBISU ∞ switch
■出演:柴草玲、GRACE(ds) 、かわいしのぶ(b)、長見順 (g)
【料金】4,000円(税込)ドリンク別
全席指定
【一般発売】2006年5月12日(金)
チケットぴあ(Pコード 229-034)
ローソンチケット(Lコード 37134)
イープラス
お問合せ:キャピタルヴィレッジ
Tel.03-3478-9999



アルバム完成、どうやらアルバム発売記念ライブに間に合ったわね。
良かったわね。

あ、寝るのね、
おやすみ。
by reishibakusa | 2006-07-05 23:42

柴草玲(しばくされい):1968年4月1日生まれ。自称ミュージシャン。自称たたみ。身持ちは堅い。


by reishibakusa
プロフィールを見る
画像一覧