柴草玲(しばくされい) Tango de SA-GE-MA-N.

shibakusa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

〜柿ピーに捧ぐ


柿 ピー 柿 ピー 柿 柿 ピー
ときどきフェイント 
ピー ピー 柿
我 汝らを愛す
柿だけ喰うなら つれなくて
ピーだけ喰うなら バタ臭く
柿 ピー 柿 ピー 柿 柿 ピー
ときどきフェイント 
ピー ピー 柿
汝らの その塩分が
我の粘膜と交わい尽くした時
力まかせに飲む水の
ああ その水のなんたる甘い事!

柿 ピー 柿 ピー 柿 柿 ピー
ときどきフェイント 
ピー ピー 柿
我 汝らを愛す
汝ら 奇跡のハァモニィ

e0029132_2047867.jpg
by reishibakusa | 2007-04-29 20:47

パリのうた♪


お座布をふたぁつ重ねてね
ちょっぴりフテ寝をした子はだれだ?
ツピツピツピ、はシジュウカラ
ホーホケキョゥは、ウグイスさ
それからコオトをはおってね
娘は町までお買い物
トランクふたぁつ見つけたよ
お釣りの銀貨がちゃりんちゃりん
アン ドゥ トロワ でステップ踏めば
心はすっかりパリの空


e0029132_22174966.jpg
by reishibakusa | 2007-04-26 22:17

スナックとまり木終了!


雨の中、お店にお立寄りくださったみなさま、
誠にどうもありがとうございました!



e0029132_11334833.jpg
れいママ出勤前。


e0029132_1134296.jpg

れいママ出勤後。


e0029132_11345728.jpg
オールママ♥(後列左から、ようこママ、ばんママ、グレイスママ、前列れいママ、
しのぶママ)


れいママショウタイム曲目:

1、 I love のびる
2、 どっちがショボイかな
3、 人は見かけじゃわからない
4、 金魚
5、 〜朗読〜うつせみストーリー8『恋人』
     /with グレイス(チェロ)
6、 おやすみ
     /with グレイス(ドラム&コーラス)





人生に疲れた帰り道。
あいてて良かった、スナックとまり木。
by reishibakusa | 2007-04-24 11:59 | *ライブ記録

〜お知らせ〜

明後日24日は、下北沢で歌います。
お時間などございましたら、
どなたさまもどうぞ、寄っておいきよスナックとまり木。                         

4月24日(火)
『スナックとまり木』
■出演:うつみようこ(ママ)、GRACE(ママ)、かわいしのぶ(ママ)、
柴草玲(ゲストママ)、店長ズ(本物)

■ DJ:玲ママ、しのぶママ。
■OPEN18:30 START19:00(←お時間30分早くなりました!すみませぬ。)
■ 前売2500/当日2800(1order別) 
■問)下北沢「440」
03-3422-9440(16:00〜)


           
                                      

                                                   〜ママより。
by reishibakusa | 2007-04-22 11:32

”イヌラジカルタ&書き初め'07”リスナー様プレゼント

遅ればせながら、
今年もひっそりと行われました毎年恒例行事、
今回も全国からたくさんのご応募を頂きまして、
本当にどうもありがとうございました。

今年は、頂いた応募メールを全てプリントアウト致しまして、
小さく折り畳み、袋の中に入れてかき混ぜ、
手を突っ込んで当たりを取り出す、
という方式で抽選させて頂きました。
毎年応募してくださるリスナー様もたくさんいらして、
本当に感謝致しております。

先日ようやく、カルタと書き初めはそれぞれ一名様(おめでとうございます!)に、
そして惜しくも当選を逃してしまわれた皆様(ごめんなさい!)には、
カルタ&書き初めのコピー、といった郵送準備が全て整いまして、
ミュージックバードイヌラジ担当ディレクター氏に託しましたので、
近日中に皆様のお手元に届くかと思います。
それから、遅くなってしまったのですが、
大橋勇さんにゲストに出て頂いた時のCDプレゼントの発送準備もできましたので、
合わせて、どうぞいましばらくお待ちくださいませ。



e0029132_128848.jpg
郵送物には全て、イヌラジスタンプが!


e0029132_1282640.jpg
オリジナルカルタは、干菓子の空き箱に!


MUSIC BIRDでは、まだまだ新参者のイヌラジなのですが、
RADIO BERRYでは、実はいつの間にか、
ちょっとした長寿番組になっている事が判明致しまして、
いやはや、恐縮でございます。
先日のインディーカフェの時に、
「おかげさまで、もうほんとうにおかげさまで、」と繰り返す私に、
イヌラジ生み&育ての主でありますレディオベリーのイヌラジ担当ディレクター氏は、
「長く続ける秘訣はですね、やっぱりあまり目立たない事ですよ!」
と、軽やか、かつ、にこやかに言い切りました。

なるほど。

イヌラジはどうやらつまり、いろいろな面で、
番組改編時に、話題にのぼるか、のぼらないかくらいの微妙な立ち位置を、
何年もの間常にさりげなく保つ、と言う高度なテクニックを、
知らず知らずのうちに持続していた、という事になるようですね。

まあ、すごい。

と言う訳で、
これからもなるべく目立たないよう細心の注意をはらいながら、
ひたひたと、
じっくりと、
お送りして参ろう、と思います。
by reishibakusa | 2007-04-20 01:31 | *イヌラジ

恵比寿ライブ終了。

お寒い中いらしてくださったみなさま、
どうもありがとうございました。

曲目は、

1、 雪(仮)、もしくは、雪とミヨ子(仮)、
   もしくは、ミヨ子の雪(仮)、もしくは、雪の食堂(仮)、
   もしくは、雪の駅前食堂(仮)、もしくは、雪食堂(仮)
2、 ゴルゴ13のうた
3、 微粒子
4、 金魚
5、 遺伝子

でございました。
今回のイベントに呼んでくださったalutoのお二方、
どうもありがとうございました。
昨夜の大盛況、そしてメジャーデビュー、おめでとうございます〜!
それからチョイチャックのお二方、どうもありがとうございました。
alutoスタッフのみなさま、switchスタッフのみなさま、
お世話になりました、どうもありがとうございました。

MCで登場したチョイチャックさんはお笑いコンビさんなのですが、
そのお一方とたまたま楽屋で一緒だった時に、
レギュラーで司会をやってらっしゃるというテレビ番組のお話になりまして、
私がいろいろと質問をしましたら、
その場で即座に番組の様子をデモンストレーションして見せてくださいました。
その間約1、2分だったと思うのですが、
その身軽さと、サービス精神と、
トークの歯切れの良さ、
おお、さすが芸人さんだ!と思いました。

それから昨日は、
久しぶりに自分で自分のCD販売を致しました。
本当はもっと、「CD売ってます〜!」などと、呼びかけなんかをしてみると、
みなさまも近づきやすいに違いないと思うのですが、
どうも、どうして良いかわからず、
私はただボ〜ッと立ったり座ったりしているだけでして、
かなり所在無く、
その場でビールを飲んでみたり、
switchのまきのさんが持って来てくれたカレーを食べたりしてみたのですが、
ますます所在無く、
おそらく、見ている側はもっと、
どうして良いかわからなかったかと思います。
それでも近づいて来て、
CDをお買い上げくださった勇気ある2人のお方、
どうもありがとうございました。

カレーもおいしかったです〜。
by reishibakusa | 2007-04-18 21:53 | *ライブ記録

〜お知らせ〜

明日17日は、恵比寿で歌います。
お時間などございましたら、
どうぞお越しくださいませ。

4月17日(火)
恵比寿天窓Switch
〜aluto自主企画イベント『泣き笑え 泣き唄え』〜

前売:¥2,500 当日¥3,000
Open/19:00 Start/19:30
Special Guest:柴草玲
MC:チョイチャック
お問い合わせ:恵比寿天窓Switch 03-5795-1887

〜【ご予約はこちらから】
◆aluto H.P.
【PC】【携帯】

◆恵比寿天窓Switch
Tel:03-5795-1887


30分ほど歌う予定です。
alutoのお二人とのセッションもあります〜!
by reishibakusa | 2007-04-16 16:29

〜まとめ〜


お帰りはデュッセルドルフの空港から。

e0029132_13373950.jpg

まずは予想通り、荷物が重量オーバー。
大きくて厚いルートヴィヒ2世の本と、
やはり大きくて厚いガブリエル・ミュンター&カンディンスキーの写真集が原因だ。
カウンターの前でスーツケースの鍵を開け、それらの本を素早く取り出す。
取り出しやすいようにしてあって良かった。

搭乗前のボディチェックで妙に引っかかり、
いかにも、あたしゃ容赦しないんだからね!と言った風情の女性係員に、
帽子を脱がされ、カーディガンを脱がされ、
ブーツを脱がされ、
最後に、「足の裏見せな。ほら、足の裏だよ!」と言われた。
ドイツ女、やっぱりキツイあるよ。

ウィーンで乗り継ぎ。
成田行きの搭乗口に行くと、
あふれんばかりのヤパーナー、ヤパーナリン。
搭乗案内も日本語で、
そこはもうすでに、日本のようであった。
とりあえず言語的には不自由の無い世界に戻って来たんだな、
と思うと、ホッとしたと同時に、
不自由だった束の間の日々が、無性に懐かしくなった。

機内は窓際の席。
食事をして、映画を1本観て、
ワインを飲んでも全然眠れない。
そっと窓のカバーを持ち上げてみると、
隙間から、ぶちまけたような星空が見えた。

本当に、ぶちまけたような星空だった。

そこで、窓のカバーを全開にし、
シートの上で膝を抱え、身体をよじり、
毛布を頭からすっぽりかぶって、
機内の灯りがまったく映らないように窓に密着してみると、
この世は、私と、飛行機の翼と、星空だけになった。

そんなふうにして、星空を見ていた。

ずっとずっと、見ていた。



                    〜おしまい〜
by reishibakusa | 2007-04-15 13:39

ヴッパータール。Ⅸ

ほっほう、
そうかい、
やはりすこぶる強力だったかい、ピナ・バウシュ。
良かったねえ、
いいもの観たねえ、
ほっほう、
なになに、セットの壁の上からひっきりなしに土を、
ほう、コートの女が何度も走り去って、
突然おじいさんたちがわらわらとステージに、
男がフォークとスプーンをカンカンと....。

ほーう.......。


で、あの、
あれだよね、
まさか、
そのぎゅうぎゅう詰めのスーツケースの中に、
ぼくを無理やりねじこむ、なんて事はしないよね?

しないよねぇ。


あっ、

e0029132_1013369.jpg
by reishibakusa | 2007-04-14 10:13

ヴッパータール。Ⅷ


旅の最後の夕空。
明日はドイツとさよならさ。

e0029132_1134747.jpg
by reishibakusa | 2007-04-13 10:56