柴草玲(しばくされい) Tango de SA-GE-MA-N.

shibakusa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 01月 ( 89 )   > この月の画像一覧

-

今日は、JANだのUPCだのEANだのの意味がわからず調べた。
by reishibakusa | 2011-01-31 21:13

-


酒の肴酒の肴酒の肴
酒の肴酒の肴酒の肴
は何にしよ

お嬢さん
またいい人ぶったのか
あんた病気
一生治らない

無人島に行きたいか
無人島にはあんたの苦手な蛇がいるよ
たぶん極彩色の

いいからあんた音の洞窟にお入り
無理矢理にでも
最近洞窟をないがしろにした
罰が下ったのさ


「それは全か無か思考です」って
結局本は救ってくれないよ
あんた馬鹿か?
馬鹿だ
致命的な欠陥がある

みっともねぇな
みっともねぇのもパフォーマンスのうちだ?
救いようがねぇな
まあ
その
なんだ
あんた打たれ弱いから
ちっとやさしくしてやる
つまり
あんたの武器は
口が立たないところだ
by reishibakusa | 2011-01-31 12:13

メモリーオブさるハゲ'11.1.15

e0029132_1371790.jpg

e0029132_1375019.jpg

e0029132_138977.jpg



(お写真提供:さるハゲスタッフさま)
by reishibakusa | 2011-01-31 01:39 | *ライブ記録

手遅れバンザイ

e0029132_22185119.jpg


今日は、知人宅でご馳走になって来た。

最近は、うさぎの毛の帽子をとても気に入っている。
うさぎ年だしな。
ハラショー。

ずいぶん昔にフランスで食べた、プルーンとうさぎの煮込み、
あれは絶品だった。
ヨーロッパへ行くと、市場でうさぎがべろんべろんて並んで売られてたりするよな。
もちろんすでに動かないうさぎ。


帰宅して、あがた森魚さん映画『僕は天使ぢゃないよ』の続きを見る。
あたしも、ふがいない男のために魚のフライを揚げて、
小さなちゃぶ台の上に、メモを添えて置いておきたい。
夜には粗末な布団で冷たい足を温めあうのさ。

決してそれを歌ったりましてやブログに書いたりなんかせずにさ。
そんなにいやならピアノも弾かない。


なんてね。

っんなわけないじゃん、ほーほっほっほ。
by reishibakusa | 2011-01-30 22:18

昨夜は

World's end girlfriendのライブを聴きに、
恵比寿リキッドルームへ行きました。
かわいしのぶ嬢の低音温かく、さすがの存在感でありました。
貫禄。
松本健一さんのサックス好き。

ライブフロアはものすごい人、人、で、
ヒールの高い靴を履いて行ったのですが、
ステージなかなか見えないほどでした。


ライブハウスに行くと、妙に曲を作りたくなります。
帰り道、それはなんかうやむやになるんですが、
いっそ、ライブハウスに住むと良いんじゃないか。
by reishibakusa | 2011-01-30 09:28

きゃー!

CBCラジオ、さゆりんの音楽楽園にて、
「さげまんのタンゴ」をオンエアしてくださったそうです!
↓↓↓
さゆろぐ

さゆりんさま、どうもありがとうございます~!!
春には名古屋に行きますよんっ。
そう、今年は栄ミナミ音楽祭に出演致します!!(まだナイショ?)
詳細は決まり次第お知らせ致しますね。

何年も前、
コンビニライブシリーズなど、名古屋によく伺っていた時期から、
いろいろと私のまわりの状況は変わりましたが、
CBCのみなさまは全く変わらず、いまだにほんと、良くしてくださるのです。
感謝、のひとことです。
by reishibakusa | 2011-01-30 01:20

なんとなく


一日中布団の中で過ごしてしまった。
夜中、のそのそ起き出して、
借りてあった『下妻物語』を観てゲラゲラ笑う。
喰わずぎらいはいかんのね。
by reishibakusa | 2011-01-29 03:36

『精神』


という映画の事について、昨夜のライブ、
名越先生へ質問のコーナーで、最後の最後に手を挙げた人がいた。

『精神』という映画は、偶然機会があって、夕張で観た。
想田監督の質疑応答も聞けた。

監督の穏やかなキャラクターもあって、
質疑応答は終始なごやかだったが、
近くの席に、実に腹立たしげに、憎々しげに、
そのやり取りを見ている男がいた。
ずっと気になっていた。
その人は一番最後に、タイミングを計ったように手を挙げて、
自分は医療に従事しているものであり、
統合失調症はあんたらが考えているような心だけが問題の病では無く、
さっきからの上から目線に本当に怒りを覚えます、
というような事を吐き捨てるように言った。

場は一気にシラけ、上映会はなんともすっきりしないムードのまま終わりとなった。

あの後きっと、彼は直接監督に話しに行ったと思う。(推測)
どんな会話が交されただろうか。


行きつけのレンタル屋さんで最近、『精神』を置いている。
あ、DVD化されたんだ、と。
いつもレンタル中である。

タイトル見る度にあのシーンが浮かんじゃうんだよなー。
あの男の怒り(憎しみ)は、あの場所でたまたま監督とオーディエンスに向けられたが、
きっと何かしらの根源があって、もっと別のところに向いていたのだと思う。
それが何なのか知るよしも無いが、おそらく彼の超個人的な、
内面的な何かであろう事はほぼ確信している。
目つきが尋常じゃなかったもん。
by reishibakusa | 2011-01-28 13:07

酔っ払ったおっちゃんが


近づいて来て、
「グレイト!かっこいいですよ。お願いします」
と言いました。
興味本意で、
「何が?」
と聞いてみましたら、
「すみません、ほんとすみません、
それじゃ僕、高円寺に行きますんで、失礼します!」
と言って、ちょうど来た下り電車に乗って行きました。

あの電車では、彼は高円寺へは行けないと思います。
by reishibakusa | 2011-01-28 00:43

カオスなスピーカー

e0029132_035462.jpg


ずーっと工事してるんです、井の頭線吉祥寺駅。
by reishibakusa | 2011-01-28 00:35