ブログトップ | ログイン

柴草玲(しばくされい) Tango de SA-GE-MA-N.

<   2013年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧





e0029132_22354950.jpg



今回、自分にしては珍しくややハードな、
5連続ライブの旅&千秋楽の行程が無事に終了いたしました。
各会場にお運びくださったみなさま、どうもありがとうございました。
おみやげのおこころづかいもたくさん、感謝でございます。
CDのお買い上げも誠にありがとうございました。


旅は大阪AKASOから始まりまして。
NolenNiu-de-Ossiさん、日比谷カタンさん、
そしてスタッフのみなみなさま、
たいへんお世話になりました、どうもありがとうございました。

この日は、それぞれのステージのすばらしさはもちろんのこと、
とにかく合奏コーナーの「あずさ2号」と「コスモス街道」が可笑しゅうございましたなぁ。

以前NolenNiu-de-Ossiと共演した折、「ヒナのうた」を合奏しよう、
ということになって、
メンバーのとる子さんが、間奏のフレーズを完コピしてくださっていて、
度肝抜かれたことがありまして。
(しかも、ところどころピアノと細かくハモるという、トリッキーな技まで!)

ということは、
あの時代の、凝っているのか凝っていないのかよくわからないアレンジの、
ストリングスやら、チェンバロのラインなんかを、
メンバーのみなさんは完コピして来るにちがいない。
そして、きっとカタンさんもそのタイプだ。(カヴァーなのに歌詞をすっかり覚えてしまってカンペすら見ない方ですから)
と思い、わたくしも必死で拾って行きました、都倉俊一の編曲フレーズ諸々を。


その結果、
全員がコードそっちのけで、アレンジの主要メロディー(またはその裏のメロディー)
を大ユニゾンするという、異様な事態になりまして。
歌謡曲なのに、、。
確かに、あれこそが"非日常ファンタジア"だったのかも。
はじめてうたった「バーバラセクサロイド」も燃えました。


その夜は、楽天トラベルでやけに安く予約できたホテルの角部屋に泊まったのですが、
着いてみたら、建物全体が鉄骨の足場とネットに包囲されていまして。

工事中だったんですね。
いやな予感的中で、翌朝は、壁にダイレクトに来るゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!
というドリル音で目覚めました。
容赦無かった。


さて、この日からは、
「メルシー兄弟と従姉」のツアーに突入です。
まず、名古屋でうまく合流できるのかが、最大の懸案事項でしたが、
なんなくクリア。
メルシー旅の初日は、"お座敷ゆるゆる度全開ライブ"から始まったのでした。

血のつながらないメルシー親族、
気付けばもう、従姉として参加させていただいてから、
6年経っているのですね。
そりゃあ、顔も胸も尻もたるむわけです。

ずいぶん、いろんなことがあったように思います。

自分一人では足を伸ばせないようなところに行って歌えるのは、
兄貴氏弟氏の魅力と人間力、そしてM女史の敏腕のおかげです。
今回もメルシー号に乗せてくださったこと、
本当に感謝です。Merci beaucoup.


そして、なんやのみなさま、
夜想のみなさま、ヲルガン座のみなさま(とジョセフィーヌ)、
ムジカジャポニカのみなさま、
楽日440のみなさまには、
厚くお礼を申し上げます、ありがとうございました。


毎夜舞台佳境で呑んだボジョレーもおいしかったなー。
(ふだん、本番中はお酒呑まないので新鮮だった。ごちそうさまでございました)

「ナオミの夢」は、何回うたっても、さいごまで歌詞すっとんでました。
毎回やる気まんまんだったのに、なぜだろう。
ワインの諸々にかけて、今回は、
"ここへ来てなぜか川島なお美になろうとしているよくわからない四十路女"、
になってみようと思いましたが、役作りが中途半端でしたね。
しかしヅラもアレですし、
あのくらいでちょうど良かったのではないでしょうか。

それから、今回「愛の讃歌」兄貴氏弟氏のデュエットはほんとすばらしかったです。
うたっていただいて良かったなー。(従姉がリクエストしたのです。ピアノも燃えた)
毎回泣きそうだった。


そんな旅でした。


楽日の440、みなさん帰られたのに、
少しだけ、深夜のテーブル席でひとりぐだぐだしてました。
店内はごく少数のお店のスタッフと自分だけで、
珍しく、飲みに流れて来るミュージシャンなどもおらず、
ステージの方はがらんと暗く、
なんだか不思議な光景でした。

ほんの数時間前まで紙テープが舞っていたのが幻みたいだった。



。。。。。。。。。。

追記;
旅から戻ったら、今度は、
自宅マンションが鉄骨足場と工事網で包囲されておりました。
そうだ、大規模な外壁修繕工事が始まるんだった。

今朝は、誰かが勝手に網戸を外す音で目覚めました。
こちらもかなり容赦無いです。
やはり角部屋なので、風呂場くらいしか逃げ場がありません。
さて、どうしたものか。


e0029132_2237341.jpg

e0029132_22371345.jpg

by reishibakusa | 2013-11-30 23:45 | *ライブ記録



こんなおはなしたちが放送されておりました。↓







ひとつめのおはなしは、あいもかわらぬ上田ワールド。
BGM(特に2分12秒あたりからがわかりやすいかと)にもぜひご注目(?)ください。
これ、うろ覚えながらも、1曲まるまるなんとなく弾けたことにびっくりしました。
自分に、じゃなくて、曲にたいしてです。
それだけポップな曲だ、ということだと思います。


そしてふたつめのおはなしは、最後のオチをよりわかりやすくしようとして、
何度も録りなおしたあげくに、結局ハズしてますね。
狙うなら狙うで、さじ加減はもちろん、それ相応の技術が必要なのだ、と、
反省した次第です。赤面。
作者の小松洋支さんごめんなさい。
by reishibakusa | 2013-11-28 20:25 | *イヌラジ

メルシー号完走

e0029132_1313260.jpg


これを飲んだらちゃんと帰ります。
ハイヒールで、時速120kmで。

みなさま、どうもありがとうございました。
by reishibakusa | 2013-11-28 01:31

すまない。

e0029132_1562992.jpg

e0029132_1562994.jpg


このヤマとノエルご予約期間中は、
絶対に更新は避けるつもりだったのだが、
今夜だけは見逃してくれ。

宿がナイス過ぎるのだ。
ついシャレで、カルモチンスーサイドとかしてしまいそうな風情なんだよ。


各地でお運びくださっているみなさま、心よりどうもありがとうございます。
そして留守を守ってくださっているご予約受け付けスナイパーMさま、
どうもありがとうございます。

ノエルへのたくさんのご予約におびただしく感謝いたします。
by reishibakusa | 2013-11-24 01:56




大阪でのAKASO任務、そして、メルシーツアー任務と、
怒濤のライブ週間がいよいよ始まる。
しかも、旅立ちと同時に、ノエルのご予約受付けも始まるのだ。


★大阪AKASOでは、ノレンさん、カタンさんとご一緒。
合奏攻撃もたっぷりの予定。
ご覧の通りのスナイパーメンバーなので、はなからひとすじなわで行くわけは無いのであるが、
このAKASOに向けて、一番重要なことは、
"勝新映画"を鑑賞しておくことである。

ライブ任務とは直接関係無いが、
NolenNiu-de-Ossi企画の催しに呼んで頂くというのは、つまり、そういうことなのだ。
油断していると痛い目に会うぜ。
最近つい、堺雅人や堺雅人や堺雅人にかまけていたので、
うっかり油断していたが、は!と我に返り、
「悪名」など鑑賞している。
結論としては、"浪花千栄子"が画面に登場すると、場の空気をすべて持って行く、
ということだろうか。
おっと、下手なことを言うと、ノレンの喜多さんのドスにやられるぜ。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。


11月20日(水)
梅田 AKASO
NolenNiu-de-Ossiご案内『非日常ファンタジア』


【出演】
NolenNiu-de-Ossi
柴草玲
日比谷カタン

■open 18:30 / start 19:30
■入場無料/投げ銭制 (要2Drink)
※ 演奏を楽しんでいただけましたらチップをお願いたします。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



★そして今回の旅任務の最大の難関は、
オレひとりで大阪から、メルシーシリーズ最初の任務地、地下組織"名古屋なんや"に辿り着く、
というミッションだろうか。
ちゃんと辿り着けるのか、すでにメルシー一族から少〜しだけ心配されている。

大丈夫だ、オレはその気になれば、全身バリバリの方位磁石にもなれるのさ。
いつもの方向音痴、あれはまわりを欺くためのポーズだ。
オレが合流するまで、彼らにひどく心細い思いをさせてしまうことに胸が痛むが、
こらえてくれ、兄弟よ、メルシー、ジュテーム。
無事合流した暁には、地下のアジトでネチネチと踊り明かそう。

血の繋がらない兄弟、従姉の、
法事というにはあまりもエンターテイメントな年に一度の宴を、
ぜひ、目撃していただきたい。



『メルシー兄弟と従姉』
出演:山田晃士、最鋭輝、柴草玲
{11/21、22、23、24、27}


e0029132_2202615.jpg


★ご予約は、各お店にて受付けております。(440公演のみ、e+受付けもあります)


11/21(木)
名古屋 なんや
open19:00/start19:30
前売り\2800/当日\3000(drink別)
問/なんや 052-762-9289

11/22(金)
京都 夜想
open19:00/start19:30
前売り\2800/当日\3000(drink別)
問/夜想 075-211-0901

11/23(土)
広島 ヲルガン座
open18:30/start19:00
前売り\2800/当日\3000(order別)
問/ヲルガン座 082-295-1553

11/24(日)
大阪 ムジカジャポニカ
open18:00/start19:00
前売り\2800/当日\3000(drink別)
問/ムジカジャポニカ 06-6363-0848

11/27(水)
下北沢 440
open19:00/start19:30
前売り\2800/当日\3000(+2order)
問/440 03-3422-9440(16:00~)
■イープラス、440店頭、共にチケット販売中。
イープラスは、http://eplus.jp/440/
の、440公演情報のページをご覧くださいね。
440店頭販売は、16時以降になります。
共に整理番号1番より発券します。
入場順は、
1. チケットお持ちの方(整理番号順/店頭、e+平行入場)
2. 予約
3. 当日
になります。


。。。。。。。。。。。。。



そして!!
今年もやります、「婦人・ド・ノエル」
今回はややプレミアム。
至近距離、一人で舞台にのぞみます。





e0029132_12455766.jpg



12/20(金)
■場所:西荻窪ARTRION
■タイトル:柴草玲クリスマススペシャルライブ
「婦人・ド・ノエル 2013」
~とても小さな秘密の、~

■出演:柴草玲
■時間:18:30open/19:30start
■料金:¥3,500(+1ドリンクオーダー)
※20名様限定


12/21(土)
■場所:西荻窪ARTRION
■タイトル:柴草玲クリスマススペシャルライブ
「婦人・ド・ノエル 2013」
~とても小さな秘密の、~

■出演:柴草玲
■時間:18:00open/19:00start
■料金:¥3,500(+1ドリンクオーダー)
※20名様限定


12/23(月祝)
■場所:宇都宮Obbligato
■タイトル:柴草玲クリスマススペシャルライブ
「婦人・ド・ノエル 2013」
~とても小さな秘密の、~

■出演:柴草玲
■時間:17:30open/18:30start
■料金:¥3,000(+1ドリンク&1フードオーダー)
※25名様限定

----------------------------------------------


■ご予約・お問い合わせに関しましては、
全日程下記のメールアドレスにて承ります。
↓↓↓
ticket.reserve.form@gmail.com


受付期間→11/20(水)~11/30(土)

■タイトルに「婦人・ド・ノエル 2013」、
本文に「お名前/連絡先/希望日(最大第3希望まで受付いたします)と枚数、
そして大変お手数ながら、お住まいの都道府県」をご記入下さいませ。
※ドメイン指定をされている方はこちらからのメールを受け取れるよう設定をお願いいたします。
※返信メールは11/22(金)よりお送りいたします。


・各会場、お席に限りがございますので、
 なるべくお早めにお申し込みくださいね。
・今回、アートリオン、オブリガート公演共に、
 婦人・ド.ノエルのスペシャルフード&カクテルを、
 ご用意させていただく予定でございます。



。。。。。。。。。。。。。。

毎年恒例のクリスマスライブ。
今年は何が起こるのか、もしくは起こらないのか。
みなさまのお越しを、心より、お待ち申し上げております。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さらに。
「結果的に」眠っていた『小唄婦人』在庫を、
制作会社より、ようやく無事に全て引き取る事ができました。

今までライブ会場にて、在庫はもう無いのです、とお答えしてしまったり、
また、あり得ない値段でネットなどでご購入くださったみなさまには、
大変申し訳無いことをいたしました。
ごめんなさい。
そして、ありがとうございます。

現在、
ライブ会場にて再販売をしております。

(収録曲)

1.ゴルゴ13のうた
2.さよならウンチ  
3.20世紀バレエ団を観た帰り
4.ぞうのはなこさん
5.こわれたピアノ
6.季節はずれのゴーヤ
7.”シリーズ街”  
 〜どっちがしょぼいかな?〜おがわしんいちろう
8.イヌラジ小唄ジングル
〜カシオトーンメドレー〜  
9.哀しまないでウコッケイ
10.オキナワで二番安いシーサー屋のおじいは言った
11.I LOVE のびる
12.小さな社宅
13.だれだっけ
14.ざしきわらしのうた
15.私はバレリーナ
16.キッチンおじさん
17.桜島  
18.アカシアの部屋で

。。。。。。。。。。。。。。。


年明けの予定もいろいろ決まりつつあります。


。。。。。。。。。。。


と、言う事だ。



それでは各会場にて待つ。





by reishibakusa | 2013-11-19 12:48 | *ニュウス

都倉俊一のアレンジに




e0029132_581128.jpg

ボコボコにされたぜ。

かなりなスナイパーだな。


オレは寝る。
by reishibakusa | 2013-11-19 05:08





昨夜は長丁場、
最後までいらしてくださったみなさま、どうもありがとうございました。
中田真由美さん、金子麻友美さん、(まゆみさんとまゆみさん)
企画の宮川さん、大変お世話になりました。
そしてMOON STOMPスタッフのみなさま、大変お世話になったと共に、
終演後にいただいたごはんが本当においしかったです、
どうもありがとうございました。

月の美しい晩でございましたなぁ。

昨夜の結論といたしましては、

*北の国から"純のテーマ"を弾きながらのモノローグは無理。
(メインテーマならいけるかも)

*地球を救うのは愛では無くて、「イカ」なのかもしれない。

と、
主にこの2点であります。
「イカ」に関しては、救うと言うより、
「侵略される」などというウワサもマジであるようですが、
そうなったらそうなったで仕方ないと思います。



ところで、サウンドチェックを終え、ちょっと外に出ようとしたら、
となりもライブハウスで(「楽や」の名前は知っていたけれど、
その場所にあるとは知らなかった)、
知人の名前が、「本日の出演者ボード」に書いてありまして。
こういうところがさすが高円寺、と思いながら、小窓を覗きますと、
アダルトな雰囲気でリハーサルの真っ最中でして。

思わず、「今日おとなりさんですよー、辰巳さん」とメールを出したら、
「ホンマかいな」と返って来ました。
ええ、となりにいらしたのは、トランペットの辰巳光英さんでした。



話はMOON STOMPに戻ります。
5日間連続企画の最終日だったという、今回のライブを無事終えまして、
おいしいお料理をいただきながら、
みなさんと、イカの話や、プログレの話などしておりましたら、
突然高らかなファンファーレが鳴り響き、紙吹雪が舞い踊り、
MOON STOMPのドアから登場したのは、
かおちゃん(ヴァイオリンの高橋香織さん)でした。

おおおっと、わたしの中で激しいどよめきが起こり、
満面の笑みと共に再会の儀式などをひとしきり行いまして、
かおちゃんは楽やに戻りました。

それからまた、
おいしいお料理をいただきながら、
みなさんと、八丈島の話や、カセットテープの話などしておりましたら、
またしても高らかなファンファーレが鳴り響き、紙吹雪が舞い踊り、
MOON STOMPのドアから登場したのは、
仙波師匠(パーカッショニスト、ドラマーの仙波清彦さん)でした。
おおおっと、わたしの中で激しいどよめきが起こり、
満面の笑みと共に再会の儀式などをひとしきり行いまして、
師匠は楽やに戻りました。


そんなこんなで、
みなさんそろそろ終電も近くなり、
帰り支度に向かいつつある中、
わたしはそのまま、吸い込まれるように、
楽やに流れました。

もう時刻など見ておりませんでしたが、
歯の痛みが小康状態を保っているのを良い事に、
それなりの時間まで飲んでいたように思います。


というわけで、
今日は、ずいぶんがんばりましたが、
どうしても夕方まで起き上がれませんでした。


ああ、
明後日からの任務用のトレーニングが途中です。
まだぜんぜん途中です。
このまま西に行っても、
「お前何しに来た?」と、速攻、撃たれると思います。



タイムリミットがせまっている。
オレはこれから、鬼のスナイパーに戻る。
そしてもう、
なんて言うか、想像を絶するような、
なんかこう、地を這うような、筆舌に尽くしがたい、
すごいトレーニングを再開する。

オレはやるぜ。


西で会おう。


以上。




*それからどうでもいいが、
エキサイトブログの機能がリニュゥアルしたらしく、なんかよくわからない
オレがいつ、アクセス数を見たいと言った?
まったく余計な事を。






by reishibakusa | 2013-11-18 21:42 | *ライブ記録

本日は高円寺



本日は高円寺任務。
極秘情報によると、さりげなく強力な女子スナイパーたちが揃うようだから、
防弾チョッキ完備で、心してのぞもう。
あと、高円寺までは、アインチエインジング的匍匐前進作戦で向うべきかもな。


↓↓↓
。。。。。。。。。。。。。


11月17日(日)
高円寺MOON STOMP
宮川企画「マイセルフ,ユアセルフ~いつかはいつだ?の五日間~」

(期間11月13日~11月17日)

■中田真由美 / 金子麻友美/ 柴草玲

OPEN18:30 START 19:00
↓↓↓↓
■19時開場/19時30分開演
(表記に誤りがありまして、こちらの時間に訂正となりました、ごめんなさい)
■ADV./2,300(D別) DOOR/2,800(D別)
■TEL 03-3310-6996  
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/
■公演予約・問い合わせ:info_myself_yourself@yahoo.co.jp


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


お時間などございましたら、
どなたさまもお気軽にお越しくださいませ。


と、こういう事だ。


パウンドケイクは、ひとばん寝かせたら、
意外と美味だった。
by reishibakusa | 2013-11-17 14:29 | *ニュウス




e0029132_214016100.jpg



信じられないかもしれないが、
オレは今、
パウンドケイクを焼いている。

腹が空いたのだ。

買い物に行く気力がどうしても出なくて、
オレはキッチン中をくまなく調べた。
そうしたら、どういうわけだけだか、かろうじて「そば粉」が出て来た。
なんでだろう。

おそらくとても古いそば粉だが、
使えない事も無さそうだ。


いきなりそばを打つ、という手もあったが、
オレはひらめいて、パウンドケイクを焼く事にした。
天才だよな、オレって、
そう思った途端、地震が来た。


あらゆる材料が足りないが、
強行突破する事にした。
なぜなら、ベーキングパウダーが見つかったからだょ。
これまたかなり古そうだが、
膨らむ事は一応膨らむのだろう。


オレは材料をやみくもに混ぜた。
古そうな「きな粉」とか、いろんなものを入れてみた。
なんだか楽しいじゃないかF39E.gif


しかしオレが、ケーキ型を持ってるわけが無かろう。
代わりになるものをさがすうちに、出て来たのは「ミートローフ型」だった。


きっといつぞやの"Loveイベント♥"で、
奮発して買って、はりきって挽き肉などをこねたんだろう。
で、それ以来一度も使って無いんだろう、、。


すまんな、ミートローフ型よ、
本来の使い方をしてやれなくて、、。

でも使う。
ちゃんと使うよ。
「たいしたものできなくて〜♥」とか言いながら、
ジュージューとはぜる合い挽き肉に身悶えしているお前を、オレはミトンで持とう。

、、年内はちょっと無理かもしんない。
来年は使う、使うよ。


言葉に出すことは大事だ。
声出して行こうぜ。


さて。
どんなものが出来上がるんだろう。
なんだっていい、
この時点でもう、すっかり満足してしまった。


さあ、明日の狙撃用極秘トレーニング再開だ。


明日、高円寺にいらしてくださる奇特な方々よ、
もしオレの顔色が不自然だったら、
このスナイパーケイクをたいらげたせいだと思ってくれたまえ。



。。。。。。。。。。。。

で、

e0029132_2261167.jpg


e0029132_2262349.jpg



あっけないほど、それなりに焼けた。
ベーキンパウダーってすごい威力なんだな。
ちなみにこの、スライスしたケイクにちらほら見える白い点は、
ナッツなどではなく、
単なるそば粉の固まりだ。


味は、あんまりしなかった。
ジャムとか、あるいはいっそ、
田楽味噌とかつけるといいんじゃないだろうか。
by reishibakusa | 2013-11-16 21:40

スナイパーの休日。




e0029132_2255881.jpg

e0029132_2255811.jpg
e0029132_2255818.jpg



オレは今、猛烈に感動している。

敬愛してやまないダンサー様が来日してくださっているのだ。

チケットなら数ヶ月前から準備してあった。


言っておくが、
ポールの11年ぶり来日チケットの一番高価な席よりも数百円高いんだぞ。
数百円だぞ。


まあそんな事はどうでもよろしい。


上野駅公園口に降り立ち、
会館を目にしただけで、オレの胸は小さく震え出した。


この中にもうすでにシルヴィ様がいらっしゃる。
時間帯的には、メイクやら、
段取りの最終確認などをなさっている頃だろう。


オレはパ・ド・ヴレでくるくる回りながら横断歩道を渡った。
ファン心理とはそういうものだ。


シルヴィ…。



斬新な解釈で創り込まれた、
貴女の「カルメン」は凄かった。

オレの貴女への賛美の念がもし実弾だったなら、
貴女は開演10分後にはすでに、
蜂の巣になっていただろう…。


オレはなんだか今年中で、
いや、ひょっとしたらここ数年間で一番、
人間としての、基本的な生命力のテンションが上がった気がするぜ。


今回の人生であと3回くらい、
ホントにしょうもなくて、ホントに情熱的な、
色恋沙汰の登場人物(もちろん主役はオレ)になれそうな気がして来た。



よし、ヤるぞオレは。
これは「さげまん復活宣言」だ。




ところで、
幕間にシャンパンはつきものだが、
一杯¥5000とかいうふざけた代物が出ていたので、
とりあえず狙撃しといた。


あと、ポワント基金というものを初めて知った。
消耗品だからな、トゥ・シューズは…。


わからなくも無いが、
その前にだれか、「シンガーソングスナイパー(庶民)の衣裳とか交通費諸々基金」を、
設立してくれないだろうか。


たのむょ。
by reishibakusa | 2013-11-14 22:55