<   2014年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

本日のセニョリータ取材は



e0029132_1835199.jpg

e0029132_1835196.jpg

e0029132_1835195.jpg

e0029132_18351933.jpg



宇都宮市氷室町にある、さんにお邪魔し、
「サカヤカフェ マルヨシ(天然酵母パン&スウィーツ リスブル)」
店主の笠原慎也さんにおはなしを伺いました。
お祖父様の代からの酒屋さんを最大限に再利用した、
レトロ感あふれるすごくかわいらしいパン屋さん&カフェ、そしてレストラン(2F)。
セニョリータメニュゥもシンプルで超美味、
詳しくは明後日の放送でたっぷりお届けいたします。

鳥の鳴き声と木に囲まれたテラス席での収録、
とてもなごやかに進めさせていただきました。
気温もちょうど良く、空気も澄んでいて。

帰りに気づいたのですが、
この一帯は、こんなふうに工夫したかわいらしいお店がさりげなく集まっているのですね。

「かもめ食堂」という映画がありますが、
あの一連を撮ってらっしゃる監督さんの作品に出て来そうな、
ちょっと不思議な時間が流れる、静かな場所でした。


帰りは、
おいしそうなパンや、ごぼうのコンフィなどを自分のお土産にゲットして大満足。
by reishibakusa | 2014-10-31 18:35

宇都宮へゴゥ。

e0029132_14121474.jpg


さすがに新幹線混んでる。

さてわたくしは、
いつも通り、到着までにすばやくすっぴん風メイクを済ませようとしたは良いものの、
なぜかかばんに"マスカラ"を入れ忘れていた。


顔に何かが足りない。
微妙な目ヂカラで、今日はがんばるしかない。
by reishibakusa | 2014-10-31 14:12

ほんっとに今さら過ぎて



申し訳無いながら、
やっと鑑賞できたのです、東京中低域"CANDY".
これはおもしろいっ。
’Scheveningen’笑った。
いや、ありがたくも頂戴しておきながら、手持ちの機器でどうしても読み込めず日々は過ぎ、
最近新調したPC&ディスクドライブでようやく読み込めたのでした。


e0029132_1357135.jpg



こんなふうに、
ヘボ機器のせいでずっと観れなかったDVDを片っ端から観ている日々。

何かと物入りで悩みは尽きぬが、ひとまず嬉しい。
by reishibakusa | 2014-10-30 14:02

アートリオンの夜



遠くから近くから、
今宵、お越しくださったみなさまに、
夥しく感謝いたします、
どうもありがとうございました。

橋本眞由己さん、今回誘ってくださって、
本当にどうもありがとうございました。
何かとお言葉に甘えまくりでした。
眞由己さんとの「オキナワソバヤ〜」壮大バージョン、やはり大正解でした!やたー!
すごいなー。


譜面を追ってテンパってみたり、
「きつね」という曲の、”語り”部分の内容を直前までどうしても思いつかなかったり、と、
何かとスリリング感満載ながらも、
ああ、このヅラの感触、、とか、
この空気感、、とか、
なにもかもが、かなり嬉しかったらしく、
案の定、ウキー!となってしまい、
やはりわたくしは、大人なミュージシャンにはなかなかなれそうにないのでありました、
わははは。


幸せな光景を、
ありがとうございます。


ライブ後にいただいたオムライスもスコーンもおいしかったな。
アートリオンのみなさま、
そして助っ人M野さん、今宵もありがとうございました。


おなかいっぱいだけど、今日も結局、お酒一滴も飲まず。
いっそノエルあたりまで禁酒してみるのもありかも?



。。。。。。。。。。。。。。。。。


そして今夜のイヌラジでは、
こんなおはなしが放送されました。

小松洋支:作「脱出」


ついつい、こういう風になりました。
ロザリンド、、、ううぅ。
BGM細部のバランスなど、凝り始めたら止まらなくなりそうです。
(このおはなし、本当は、先週放送される予定だったのですが、
こちらの手違いにより、今週分の放送となりました。
小松洋支さん、ポケット社さんごめんなさい!)


そして小唄コーナーはこんな感じでした。
「婦人・ド・ノエル 2014 告知のうた」




取り急ぎアップでございます。
by reishibakusa | 2014-10-27 01:03 | *ライブ記録

本日西荻!




10月26日(日)
西荻窪ARTRION


■出演:橋本眞由己(vo.pf) + 柴草 玲(pf.accd.vo)
■open 18:00 start 19:00
■charge 3000円+1drink

※約二ヶ月半ぶり?くらいのライブです。ああ。わくわく。
眞由己さんとごいっしょならではの合奏たっぷり。
弾き語りソロもちょこっとだけ、演らせていただいてしまうんです。



。。。。。。。。。。。。

お時間などございましたら、
どなたさまもどうぞお気軽にお越しくださいまし。
アートリオンはお酒もおつまみも美味でございますよ〜。
by reishibakusa | 2014-10-26 00:49 | *ニュウス

アケタに行って来た



e0029132_23235418.jpg



いろんなことえらそうに書いてしまいますが、

まずは、

藤本敦夫さんがうたう数々のスタンダードナンバーを、
世の人たちはもっと聴いたらいいのに、と思う。
独特のお声と、バッキングピアノのヴォイシングの絶妙さ。
あの宇宙的MCにゲラゲラ笑って油断していると、曲が始まってハッとするのだ。

ピアノの前はもちろんの事、
ドラムの前に座られた橋本一子さんはすごく美しかった。ヴィーナス。
一子さん作曲の「月の風」は大好きな曲で、
同曲参加の眞由己さんのお声の透明感、そして、
そう言えば今夜はじめて、姉妹でがっつりユニゾンしてらっしゃるのを聴いた気がする。
その混ざり方、やはり血の繋がりのなせる倍音なのかなあ、と思う。

吉野弘志さんのベースを久しぶりに聴きながら、
あの重厚なリズム感が、
ほんの少しでも自分に伝染しないものか、と、
なんだかまるで、頭が良くなるように、由緒ある寺で線香の煙を浴びようとするみたいに、
時折、身体が前のめりになる。


さて、明日のライブがんばろう。
1時間¥500の自己確認部屋で鍵盤触ってから帰るのだ。
by reishibakusa | 2014-10-25 23:23

眞由己さんとのリハーサルは新しい試みもいろいろ。



そして夜は、大きなちゃぶ台で、とてもおいしいあったかいごはんをにぎやかにいただいたのだ。

ありがたき幸せなり。

帰ったら宿題があれやこれやとあるのだけれど、なんのその。
by reishibakusa | 2014-10-23 21:01

なんと!

e0029132_18142815.jpg

橋本一子さま手作りのケイクなんです!!
おいしいです!
どこにもないランド秘密基地にて、日曜日のリハーサルをさせていただいております。
なんだかもう、至れり尽くせりであります。
そして、日曜日のライブがとても楽しみです。
by reishibakusa | 2014-10-23 18:14

今夜のイヌラジでは、



こんなおはなしが、放送されました。

「細川美和子 作 : おにぎりころころ」



細川さんのおはなしはいつも、
とてもわかりやすいことばで綴られた、散文詩のような印象を受けます。
そして今回は、いつもポケット社さんで作成される動画ではめずらしく、
イラストが使われていて、
それが、ものがなしいような、なつかしいような気分をさらにそそります。

こちらのyou tube左ポケットでは、
今までのすべてのストーリーをご覧(お聞き)いただけます。
→原稿などもアップされている「コピーライターの左ポケット」サイトはこちら。

新生姜でセニョリータのコーナー・その月の新メニュゥは、
↑↑↑こちらのサイトで詳しく更新されております。
(上の方にスクロールしてくださいね)
10月は、宇都宮市簗瀬町のダイニングレストランLAU LAUさんでご注文いただけます。
おいしいですよぅ!


、、、で、今週のイヌラジ小唄、
6分くらいある、ミーワムーラにこっそりわたすお手紙みたいなうたをつくったのですが、
えーと、そこそこ力作だったと思うのですが、
えーと、照れくさいのと、
細部の詰めが甘くて意味不明なので、今回アップは、ご、ご容赦を。。。
だったら、番組でうたう前にちゃんと煮詰めろよ、とのツッコミ、ごもっともながらも、
収録の前の晩、もしくは当日に、
出たとこ勝負でつくってうたうのが、イヌラジ小唄なので、、。

そのうち、機会があったら、
ちゃんと手直しして、ライブでうたいます。

で、今週は、小唄も長かったし、
素敵なピーガブの曲(アルバム『ニューブラッド』からの選曲)もいちいち長かったので、
最後にオンエアするつもりだった"ヒナのうた"がかかりませんでした。


ポップスが作りたい!と叫んで終わった週でした。
by reishibakusa | 2014-10-19 23:09 | *イヌラジ

変わった名前の電車だなと思ったら



e0029132_1837303.jpg



販売案内だった。
(この上には普通に行き先とか発車時刻が表示されている)


行き当たりばったりで温泉入って、
誰もいない大浴場で存分に泳いだり、踊ったりもした。
浮力があると、ふだんできないポーズとかが簡単にできてしまうのでおもしろい。
我ながら見事なアラベスク。


さて、在来線に1時間揺られたら、また長距離バスに乗り継いで帰路。
深夜前には東京に着くだろう。

在来線、線路が見える先頭席は子供らに譲ってさしあげた。
たたみちゃんも線路を見たかったけど。


で、件の"目的"は苦戦。
帰ったら達人に相談しよう。
いいのだ、こういうプロセスが愉快なのだ。
結果も大事だけど。
結果も大事だけど。



少し日焼けしたかも。
帰ったらビタミンCを飲もう。


「わたしの恒例の年末」が、
急にリアルさを持って、迫って来た。
by reishibakusa | 2014-10-18 18:37

柴草玲(しばくされい):1968年4月1日生まれ。自称ミュージシャン。自称たたみ。身持ちは堅い。


by reishibakusa
プロフィールを見る
画像一覧