<   2016年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧



昨日日曜日より、
12/24開催、「婦人・ド・ノエル」のメール予約が始まっております。
詳しくはノエル詳細ページをご覧くださいましたら幸いでございます。

どなたさまもどうぞ、お気軽にお越しくださいね。
by reishibakusa | 2016-11-28 14:44

「菌」






今現在の、
わたくしの”喉周辺及び耳への入り口粘膜画像”をアップできないのが、
たいそう残念でございます。


ただでさえ、
なんとなく赤面してしまう形状の”声帯”を囲む肉は、
ぬらぬらてらてらと赤く爛れ上がり、
なにか喰わせろ、さあココ、ココよ、
と発情しているかのようでございました。


容赦なき耳鼻咽喉科先生様は、
「ほら、見てください〜」などとサディスティックにおっしゃるけれど、
そんな恥ずかしいもの、見せないでお願い、、と、
涙ながらに(実際、物理的に涙がにじんでいる)訴えたいのに、
先生様と来たら、無情にもぐいぐいと鼻から突っ込んだ細長いそれを、
なかなか抜いてくださらないどころか、
さらに奥で角度を変えたりなさるので、
痛みのあまり、
わたくしの声などは、誰にも届かぬのでございました。



そんな粘膜には、刺激の強いもの、
熱いもの、硬いものは、たいそうさわりがございますので、
"のどごしが良すぎるもの”を、わたくしは食します。

例えば、
ぬるい白湯、中途半端な温度の茶碗蒸し、
冷たすぎないプリン、付属のタレをかけないジーマミ豆腐(常温)、
お醤油をかけないおとうふ(もちろん常温)、など。


ああ、大好きな蜜柑をいただきたいのに、
酸味が辛うございます。
ささやかな生活ながら、蜜柑だけはいつも奮発して、
10コ五百円のものを買い求めますのに。

とうとうひとつ腐らせてしまった。
悔しい、心から悔しい。


さっきから、
”病自慢”のように、
こんなわたくしをかまって、と言わんばかりに筆がすすんでおりますが、
こう言ったことは決して威張れるものはありませぬ。
むしろ、穴があったら入りたい、これは恥でございます。


すべては、わたくしの油断、が招いたことなのですから。


治癒に全力をかたむけることを、ここに誓います。

菌に打ち勝つだけでなく、
どうせなら、

「いっそ、わたくしが菌そのものになりたい」

そんなふうに思う次第でございます。



by reishibakusa | 2016-11-28 10:43


e0029132_14174928.jpg

e0029132_14175020.jpg

e0029132_14175030.jpg


お寒い中いらしてくださったみなさま、
どうもありがとうございました。
アルバム、ノエルチケットのお買い上げ、
そしてきれいなお花もありがとうございます!

アートリオンだいじゅさん、オリエさん、
そしていつもフォロゥのまきのさん、
今回もお世話になりました、
感謝でございます。



西荻の幻:20回目
11/26 西荻窪 アートリオン

一部
1、かげぼうし
2、雪
3、オキナワソバヤのネエサンへ

4、待ち合わせ
5、雪の人

6、煉瓦のかぞえ唄
7、しもつかれ

二部
1、青いドレスのブルース
2、アクアリウム
3、モノローグ:秋冬に関するいくつかの断章「晩菊」
     〜4、レクイエム

5、南米のノウゼンカズラ

............
アンコール
*たたみちゃんのテーマ
*おそうしき


どうもありがとうございました。


e0029132_08243805.jpg
(撮影は小柳氏。ありがとうございます)


他のお写真はこちらです。



More
by reishibakusa | 2016-11-28 08:33

明日はマンスリー幻。


11/26(土)西荻窪ARTRION

http://www.artrion.net/

柴草玲:マンスリーライブ「西荻の幻」-XX-(20回目)

・18:30open/19:30start

・予約¥2,500/当日¥3,000(1ドリンク別途)
・予約→inureco.yoyaku@gmail.com
(*タイトルに「マンスリー11/26」、
本文にお名前、人数、ご連絡先をご記入下さいませ)
※10/30~メール予約受付

(12/24ノエルチケットの販売いたします)


056.gifどなたさまも、お気軽にお越しくださいませ。




by reishibakusa | 2016-11-25 12:52 | *ニュウス

「爆笑真剣録音」


「爆笑真剣録音」


ありがたくも本日は、
”ホルモン鉄道”のレコーディングに呼んでいただいたのでございます。
ピアノとコーラス、数曲。
とある小さなライブハウスに、機材を持ち込んでのにぎやかな作業。
年季の入った飴色みたいな鍵盤が、まあ愛おしいこと。


なにかにつけ、ゲラゲラ笑ってしまいながらも、
(だって、どう考えても、可笑しいことだらけなんですもの)
なんて詩的なんだろう、
なんていちいち、核心をついているのだろう、
と、
その場で、その空気を共有させていただいていることが、
ひたすら光栄な時間でございました。


カッコつけたら、即、はじかれる。
ゆるいようで、超繊細、ストイック。
けれど、受け入れ態勢は、びよ〜んと広い。

そりゃあもう、真剣でしたとも、自分。
終始、爆笑しながら。

写真撮ることなんて、すっかり忘れてましたもの。




by reishibakusa | 2016-11-23 20:26

「秋のソメイヨシノ」



e0029132_11373758.jpg






1週間ほど改装していた、
行きつけのスーパーマーケットが、リニュゥアルオープンした。

この日をわりと楽しみにしていたわたくしは、
いそいそと出かけ、
自分の常備食品であるカップのジーマミ豆腐や、
紀文の豆乳などをカゴに入れながら、
じっくりと店内を調べてまわる。


帰り、
バス停近くの、苔むした岩のような桜の幹から、
”花のかたまり”の代わりに、唐突に、細い葉っぱがいくつも出ていることに気づく。
なんなのだろう、これは。

ひとまず、なにも考えずにガラケーで撮った。


あとからよく見ると、
ある意味、妙にエロティックな構図になっていた。




e0029132_11385684.jpg




by reishibakusa | 2016-11-20 22:51

e0029132_22592236.jpg




出来心で買った生クリームを、
真夜中、泡立てる。

そうか、なんとなくこういうことがしたかっただけなんだ自分は、と、
こわばった右手をさすりながら、
ずっとシャカシャカやっていた。

それが昨夜のはなし。


せっかく生クリームがあるんだし、と、
でたらめにケーキでも焼いてみようと思った。
ちょうどバナナがあったので、
適当にこねた生地の表面に輪切りを並べたら、
見た目はかなりそこそこな感じになったので、
すっかり満足して、オーブンレンジを温めにかかった途端、
ブレーカーが落ちた。

ああ、めんどくさい、と、
スイッチを入れに行くが、ぜんぜん復旧しない。


これはなにか変だ、と、
こねた生地はそのままに、
電力会社に電話したり、管理会社に電話したり、
自分でいろいろ調べたりしてひとしきりあがいているうちに、
なにかの加減で電気は復旧した。

電話の向こうから、管理会社のおねいさんの、
隠しきれないウンザリ感が伝わって来て落ち込んだ。


気を取り直してケーキを焼こうとした途端、
またブレーカーが落ちた。

ネットでいろいろ調べながら、復旧させた。

再度気を取り直してケーキを焼こうとした途端、
またブレーカーは落ちる。

このパターンを数回繰り返すうち、ようやく気付いた。
これは、レンジの故障だ。


すっかり疲れてしばらくぼんやりしていた。


こねた生地を見る。
バナナの色が少し変わっているようだった。

結局、クリームは全部、
そのままなめた。





by reishibakusa | 2016-11-17 11:23

「満月ではないけれど」





スーパームーンにはちがいないと、
月がのぼる頃、外に出る。

なるほど大きい。


今夜、
音痴なのだけれど、確信持ったかんちがいで、
大きなリサイタルなんかも開いてしまった実在貴婦人の映画の、
その鑑賞のお供にしようと、
コンビニで買ったお酒のミニパックの封を、
公園のベンチで思わず開けてしまう。

空に浮かぶ姿も美しいけれど、
風が強くなって来てきめ細かく震える池の水面に映る月の、
その、砕け散っては丸くなり、
また丸くなっては散ってゆく光に見とれ、
なんてことないお酒も、
たいそう上等の味わいとなる。





by reishibakusa | 2016-11-15 22:32

まさしくライブ、でしたなあ。
改めまして、日曜の夜にお越しくださったみなさま、
どうもありがとうございました。
アルバム、キーホルダーのお買い上げもまことにありがとうございます。

嬉しい再会もあり、なんとも嬉しゅうございました。
企画者さま、視聴室スタッフのみなさま、
まきのさん、大変お世話になりました、ありがとうございました。

そして、印象的な絵と共に、少し鼻にかかったような官能的な声で、
淡々と深くシュールな世界を展開してゆく飯田華子さん、
その愛らしい子犬のような目を、瞬時にきらりと光らせて、
なんともエグく、美しい音を全身で奏でる熊坂るつこさんとの共演は、
ほんとうに愉しゅうございました。
ごいっしょさせていただき、心より感謝でございます。

全体で、オムニバスのお芝居のような風情の夜でもありましたな。

のちほど、お写真追加すると思いますが、
ひとまず、”ジュエルちゃん仕様”の拙など。
(手にしているのは、ノエルチケットです)



e0029132_11502724.jpg

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



e0029132_20110705.jpg
(集合写真)


(アラフィフの精一杯)
e0029132_20112209.jpge0029132_20113184.jpg














by reishibakusa | 2016-11-14 20:18 | *ライブ記録

一時間500円の、

e0029132_210374.jpg

e0029132_2103780.jpg

自己確認部屋へゆく。
(階段にさげまんポスターをずっと貼ってくださっていて、
ほんとに感謝)

アップライトで、多少調律が甘くても、
生の鍵盤をしばらく触っていると、
指にも身体にも血が巡ってくる感じがする。

明日はグランドピアノを弾けるみたい。

ふだん、自宅に生ピアノを置けない生活は、
改善できるならそれに越したことは無いけれど、
ライブに行けば生が弾ける♪
という、素朴なモチベーションにもなるので、
まあ自分は、この暮らしで良いのだ、今のところは。


帰り、うすぼんやりした月を眺めながら、
ニューバランスでゆっくり歩いた。
雲の形が次々と変わり、
月はいろんなケモノの目のようだった。
by reishibakusa | 2016-11-13 02:10

柴草玲(しばくされい):1968年4月1日生まれ。自称ミュージシャン。自称たたみ。身持ちは堅い。


by reishibakusa