表参道ライブ無事終了。

起き抜けに、ゴミ収集車を追いかけて走ったら、
倒れそうになりました。

昨日は久しぶりのライブ、無事終了致しました。
あまりに久しぶりなので、恐怖のあまり、
会場入りした途端に逃げ出しそうになりましたが、
本番ステージのピアノの前に座ってみたら、
まんざらでもありませんでした。

呼んでくださった坂本麗衣さん、どうもありがとうございました、お誕生日おめでとうございました。
出演者のみなさま、お世話になりました、どうもありがとうございました。
そして、いつもながら助っ人まきのさん、えりさん、
どうもありがとうございました。
そしてそして、いらして頂いたみなさま、どうもありがとうございました!

〜曲目〜

1、アクアリウム
2、微粒子
3、てんとう虫とわたし
4、国立
5、遺伝子

e0029132_1264729.jpg









まんざらでも無いショット。(galabox えりさん撮影)
# by reishibakusa | 2006-04-25 12:08 | *ライブ記録

宅録婦人(気分はオデット)

先日、不発に終わったスタジオミックス作業の仕切り直し日が、
決定しつつあります。

今度こそ、無事でありますように。

もし、この次も何かがトラブったら、
わたくしは、まわりの物をくまなく破壊しつつ、
大きなミキサー卓によじ上り、
その夥しいボリュームつまみやフェーダーやらが、
己の足の裏のツボをするどく刺激するのを感じながら、
(そのスタジオでは靴を脱ぐのです。)
さらには、
その夥しいボリュームつまみやフェーダーやらが、
ソックスと、己の足の裏の皮膚をきれいにつきやぶるまで、
踊り狂ってしまうかもしれません。

と、
ここまで書いて、
ある意味、そんな事になったら、
むしろ解放されて気持ち良いのかも、
と一瞬思いましたが、
そんな解放のされ方は、嫌だ。


明後日は、
久しぶりにライブでございます。
30分ほど歌わせて頂きます。
お時間のあります方は、
ぜひ、お越しくださいませ。
# by reishibakusa | 2006-04-22 16:45

スタジオ婦人

信じられない事に、
本日もスタジオのトラブルにより、
作業が半分しか進みませんでした。

不安も、
ピークに達すると、
妙に穏やかな気持ちになる、
と言うのは、ちょっとこんな感じの事かしらん。

帰宅後にきちんとシャワーを浴びて、
この様に日記など書いてしまうわたくしは、
なんてまともなのでしょう。


今日そばにいてくれた友達に感謝しながら、
今から泥のように眠るつもりです。
# by reishibakusa | 2006-04-18 02:24

宅録婦人ⅩⅨ

お昼間ずっと、
お歌の録音をしておりました。

かなり昔に住んでいた、
小さなお家の事を歌った曲なのですが、
ああでも無い、こうでも無い、と、
いろいろな歌い方を試しているうちに、
なんだかひどく懐かしい気持ちになって来て、
はからずも、まとめて落涙致しました。

たまに、涙を大量に出すと、
たいそう気持ち良うございますわね。

気分、やや爽快で、
晩ごはんには、
豚キムチと、卯の花と、白米を、
おなかいっぱい食べました。

明日は、スタジオで録音した曲の、
ミックス再挑戦でございます。
今度こそ!



e0029132_21183291.jpg





30数年前のわたくし。(手前)
このヘアスタイル、今ちょっとやってみとうございます。
# by reishibakusa | 2006-04-16 21:10

宅録婦人ⅩⅧ

1日、いいえ、2日おきくらいでしょうか。

夜も更けてまいりますと、
下のお部屋の見知らぬ住人、
ええ、おそらく殿方ですわね、
が、3つほどのコードを、
アコースティックギタアで、
じゃかじゃかじゃかとお弾きになります。

例えば、
桜色の便箋に、
「春です。そろそろ新しいコードをおひとつ覚えてみてはいかがでしょうか?」
などと、さらりとしたため、
ひっそりとそのお部屋のドアの隙間に挟んだならば、
物語はどのように展開するでしょうか。

「若葉の今日この頃。あれから貴女のリコーダー、ちっとも上達しませんね」
などと、お返事が来たならば、
それはそれで、
なかなかに情緒がある、と言えるのか、
言えないのか、
そんな微塵の役にも立たぬ想像をふくらます今夜、
見事な満月でございます。


そうそう、
昨日は、長見順さんのアルバム録音に、
グレイス、かわいしのぶ嬢と共に、
コーラス隊として参加してまいりました。

”歌声ワウ”とでも呼ぶべき、
新たなる音楽的手法が、
東京の片隅で、
その抱腹絶倒と共に、
さりげなく、世界音楽史に刻まれたわけで。
# by reishibakusa | 2006-04-14 23:45

宅録婦人ⅩⅦ

今日は、
今回の宅録作業の途中経過全てが詰まっている録音機器のデータが、
一時的にそっくり行方不明になる、と言う恐怖体験を致しました。

液晶画面が急に真っ白になってしまったのです。

全身の血の気が引いてゆくのを感じながら、
震える手でリスタートし、拝んでいたら、
元に戻りました。

ああ、良かった。
ああ、良かった。
ああ、良かった。


本当に恐ろしかったの。
頭の先から足の先まで、
身体中の毛と言う毛が全部抜け落ちるかと思いましたわ。


しかしなぜなのかしら。

たった6、7年前の機種ですのに、
データをバックアップするための接続機器がもう販売終了しているのでございます。

ですから、
その日録音したものは、
逐一、ラフにまとめてダットテープに残して行く事に致しました。
ああ、アシスタント兼エンジニア兼プログラマーが欲しい。



話は変わりますが、
先日、昔飼っていた犬の名を夢の中で切なく叫んだ、
ちょうど同じその夜に、
とちもとくみこさんの夢にわたくしが登場し、
布団の中でひどく叫んでいたのだそうです。



なんとも不思議ですわね。



e0029132_134073.jpg







トニーちゃん。
# by reishibakusa | 2006-04-12 23:19

宅録婦人ⅩⅥ

昔、実家で、
”トニー”と言う名の犬を飼っておりました。

あまり、頭の良い犬ではありませんで、
けれどその、小心な性質は、
なんとも愛すべきものがありました。

その犬が、昨夜の夢に出て来ました。

わたくし、なぜか、その頃の実家で宅録作業をしており、
ふいに、なんと10日間も、
トニーにごはんをあげるのを忘れていた事に気付くのでございます。

夢の中のわたくしは、どうしようも無く慌てふためき、
庭に出て大声で愛犬を呼ぶのです。
トニー!!トニーーーーィ!!!


こう言う時やはり、
暗いお部屋の中央に敷かれた、
ベージュ地に色とりどりの花模様のお布団の中でわたくしは、
実際に「トニー!」と、叫んでいるのでしょうか。

自分では、確かめるすべもありません。


今日は、
3分弱の曲のミックスに四苦八苦するうちに、
いつの間にか、夜になっておりました。


ごめんね、トニー。



e0029132_2355197.jpg
# by reishibakusa | 2006-04-10 23:04

宅録婦人ⅩⅤ

ここ数日のカシオトーン部分の録音が、やっと終わりました。

チャンネルをたくさん使ってしまったので、
この段階でまず、いろいろな音のバランスを決定して、
ひとつのチャンネルにまとめてしまわないと、
歌を入れる場所が無いわけなのですが、
ミックスする踏ん切りが、なかなかつきません。

とりあえず、録音機器の前から逃げて来ました。


あと、30分したら、
戻ろうと思います。
# by reishibakusa | 2006-04-09 16:51

劇場婦人。

小さな婦人は、
夕方から普通サイズに戻り、
国立劇場へ、
ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団を観に行って参りました。

あまりにいろいろな事を感じ、
考えたものですから、
ここで何か気の利いた事でも書いてしまおうか、と思ったのですけれど、
うまくまとまりませんでした。
まとまってたまるものですか。

ああ、とにかく、
素晴らしかった、とだけ申し上げておきます。

ピナ・バウシュさん、どうもありがとう。
誘ってくださった井上カントク、どうもありがとう。

編集済み。
# by reishibakusa | 2006-04-07 23:07

宅録婦人ⅩⅣ

ここ数日間、
カシオトーンを弾き続けております。

今朝、発見致しましたのは、
”カシオトーンは、床に座って弾くよりも、
 椅子に座って弾く方が、断然弾きやすい”
と言う事でございます。


早く気付くべきでございました。


ならばもう迷う事は無い、と、
デジタルピアノの上に、カシオトーンを、
乗せてみました。


e0029132_12313830.jpg


何やらごちゃごちゃと散らかって見えます本やら、
お座布団やらタオルやらは、
全て、共鳴ノイズ防止のためでございますの。
景観的には好みではございませんけれど、
仕方ありませんものね。

しかし、ひたすら、
小さな鍵盤を操っておりますと、
自分の指も、身体も、
だんだん小さくなって行くような、


小さくなって行くような、


そんな気が致します。




                                  小さな婦人。
# by reishibakusa | 2006-04-06 12:17

宅録婦人ⅩⅢ

昨日は、本当に良いお誕生日でございました。

37歳最後の日、ほとんど一日中ふて寝をしていたものですから、
1日の朝は6時に起きてしまいまして、
せっかくなので、公園に桜を見に行きました。
そうしたら、桜の木の下で、お揃いのジャンパーを来たお年寄りの方々が、
『月の砂漠』を歌っていらっしゃいました。

朝日の中の『月の砂漠』は、
奇妙に心地よい暗さを、公園に漂わせておりまして、
わたくしは好き、こう言うの、と思いました。

そのお年寄りの方々は、『月の砂漠」をフルコーラス歌い終えますと、
手を取り合い、
「元気で生きましょ、オ〜。」
と、どちらかと言うと、張りの無い声を上げておられましたが、
わたくしは好き、こう言うの、と、やはり思いました。

午前中は、姪甥からのお絵描きファックスに始まり、
豪華沖縄の味詰め合わせや、きれいなお花が、
次々と宅急便で届き、本当に感激致しました。
その後も、電話やメールで、嬉しいお祝いメッセージが相次ぎ、
午後には、おともだちがお家に寄ってくれました。



e0029132_21312741.jpg






昼下がりのひとコマ。





夕方、おともだちと焼き芋を食べながら、
公園の桜を見ました。

バリケンがいたので、焼き芋のかけらを差し上げたら、
近くに来て食べてくれました。

明るい所で、バリケンのお顔を、
正面からまじまじと見るのは初めてでございましたが、
インターネットで見つけたバリケン画像と、
むしろ自分の願望により、
バリケンのイメージが、自分の中でかなりデフォルメされていた事に気が付きました。
実際、そのバリケンはもう少しあっさりしたお顔だったのです。

夜は、
早めに床に入りましたが、
じわじわと深まりつつある腰痛も気にならぬくらい、
たいへん穏やかな気持ちでございました。

わたくし、
静かに響きたい。
朝日の中の『月の砂漠』は、
38歳の始まりとしては、
悪く無い、と思いますの。


本当にふだん、とても不義理なわたくしですのに、
たくさん頂いたおめでとうの言葉と、
そして、お気持ちに、心から感謝致します。

どうもありがとう。
# by reishibakusa | 2006-04-02 21:32

宅録婦人Ⅻ

顔のまわりの髪の毛を、
左右とも15cmほど、
工作用のハサミで、
パツン、と切り落としてみました。

これが、37歳ほぼ最後に、
した行為でございます。
# by reishibakusa | 2006-03-31 23:42

宅録婦人Ⅺ〜スタジオ編〜

つまり、
先日スタジオで録音した曲のバックトラックをハードディスクに落として持ち帰り、
それに合わせて自宅で歌やコーラスその他をダビングし、
さらそれをスタジオの機械に戻して仕上げ作業をしよう、
としたわけなのであるが、
何らかの機械的理由で、
自宅で録音したものと、スタジオで録音したものが
ズレてしまう。
ここ1週間ほど、少しずつ積み上げて来た自分の意図が、
理由もわからずバラバラに再生されるのを、
何時間も目の当たりにしていたら、途中で魂が抜けてしまった。
それでもスタジオの方にいろいろと手を尽くして頂き、
やっと1曲仕上がったのが午前4時。
今日は、ぐれいすとえりさんが、
お誕生日プレゼントを持って、
応援に来てくれました。どうもありがとう。




e0029132_14573012.jpg















ズレ攻めスマイル。(えりさん撮影)







あっ、文体が素になっちゃった。
# by reishibakusa | 2006-03-30 23:59

宅録婦人Ⅹ

扁桃腺がやや腫れぼったいので迷いましたが、
一日に最低一度はお外に出ないと、
なんだか身体が退化して行くような気が致しまして、
強引に、夜桜の公園を一回りして来た次第でございます。

バリケンは、
定位置で、首を180度後ろに回し、
己の背中にくちばしを突っ込んで、
少し揺れながら、立ったまま眠っていらっしゃいました。

バリケン台(コンクリートが少しお池にせり出しております。)は、
糞尿で汚れておりましたから、
おそらく本当に、そこからあまり動かれないのでしょう。

バリケンを確認したあと、
そのまましばらく歩いておりましたら、
珍しく犬の糞を発見致しました。
近頃は、愛犬家のみなさま、
ずいぶんと気を使われていらっしゃいますから、
このような地面の風景はちょっと久しぶりだなあ、
としみじみしておりますうちに、
少女の頃、半年ほど世田谷に住んでおりました時分、
近所の子供たちの間で、
犬の糞を集めて遊ぶのが、一時的に流行った事を思い出しました。

みな、木の枝や木の葉などを巧みに操り、
集合場所に糞を持ち寄っては、
その立派さを競うのでございます。
当時は、犬の糞など道ばたにいくらでもありましたから、
たいそう盛り上がりました。

今はあんな遊びもできないわね。

さらに歩いておりましたら、
春の野草、”のびる”が群生しているのを発見致しました。
わたくし、どんなに暗くても、
のびるを判別する事ができる、と自負しております。

のびる。のびる。のびる。

その柔らかい緑のしとねに、
身体を投げ出し、のたうち回ったなら、
どんなにか素敵な事でございましょう!!


今夜はとりとめがございませんわね。
そう、夜桜も美しゅうございました。

けれど、この世の花と言う花全て、
できれば青いお空の下で見とうございます。
(あじさいは雨でもよろしいけれど。)

それではボンニュィ。
# by reishibakusa | 2006-03-27 23:14

宅録婦人Ⅸ

「赤しか無いけど、よろしいですか?」
と、お店の方に言われながら、
今更買い求めましたのは、
マイク用スポンジ。

これに向かって歌っておりますと、
なんだか余興をやっているようで、
ひどく愉快な気分になりますの。


e0029132_2025875.jpg
# by reishibakusa | 2006-03-26 20:05

宅録婦人Ⅷ

バリバリバリバリバリバリ
バリバリバリバリバリバリ

トゥルルルル
はい 区役所です
はい 何でしょう

ヘリコプター?
区役所はヘリコプターは飛ばしません
ヘリコプターの事はこちらではわかりません
その辺は、風光明媚ですから
テレビか何かの民間機じゃないですか

バリバリバリバリバリバリ
バリバリバリバリバリバリ

トゥルルル
はい こちら警察署
ああ、あのヘリコプターね
警視庁のですよ
1時間くらいずっと飛んでんでしょ
どろぼうがあってね
だからそれでずっと捜索してるの
でも、もういないでしょ

いえ まだいます
まだ飛んでます
低空でずっと回ってるんです
ずっとです

じゃあまだ飛んでんだね
そろそろ行くはずだから

もう行ってくれるのですね?

ああ もう終わりですよ  


バリバリバリバリ

バリバリ


バリ・リ・リ・ リ・  リ・    リ!
# by reishibakusa | 2006-03-25 23:04

逆ギレ?

『皆さん今頃気がついていろいろとおっしゃっていますが、人を責める前に、皆さんこの5年間猶予期間があったわけです。そのときに皆さんあまり関心を持っていなかったのですが、ここへ来てにわかにあちこちからおっしゃっておられるわけですが、』云々。


『しかし、私は文化など、そのような歴史的な楽器等の重要性は認識しておりますから、』云々。


『連日テレビを借り切って、スポットを流すというわけにもいきません。どこまですれば徹底したことになるかということになると、』云々。


『1カ月前になって、そのようなことは聞いていなかったといって、みんな立ち上がってこられるといけませんので。』云々。




これ、混乱しているPSE問題についていろいろ調べているうちに見つけてしまった、
1週間前の、経済産業大臣サンの記者会見での発言の一部なのです。

揚げ足を取るつもりは無いのですが、
何と言いますか、
こんなもんなのかなあ、大臣サンて。
# by reishibakusa | 2006-03-24 23:38

宅録婦人Ⅶ

そのバリケンは、
何でも、今年の2月末に、
何者かによってそこに捨てられたらしい、との事、
飛んだり、お池で泳いだりしている姿を、
まだ誰も見ていないのだそうでございます。

そんなに打ちひしがれて、
お食事など、どうなさっているのかしら。
# by reishibakusa | 2006-03-23 23:30

宅録婦人Ⅵ

お昼間、さんざんマイクの前で奮闘致しまして、
さすがに夕刻、力尽き、
雨が降り出す前に、と桜の調査に、
公園へ出向いたのでございます。

すると、お池のほとりに、
見慣れない鳥が一羽。

ゴツい。
悲しいほどに、ゴツい。
そして外人ぽい。

カモのような佇まいで、
さりげなさを装っておりますが、
いかんせん、目立ちます。

まあ、何、この鳥はいったい、
と思っておりましたら、ふと傍らの木に下げてある、
説明書きに気が付きました。

バリケン。
中南米原産の鳥で、
ペットが野生化したものと思われます
云々。

バリケン。

あなたは、バリケンですか。

しかし、
なぜにその木に説明書きが。

その場所は、あなたの定位置、と言う事でしょうか。

そこから動かないのですか?バリケン。


声に出さずに問うてみたものの、
バリケンは、怒っているような赤い顔で、
けれど寂しげに、
水面をただまっすぐ、
いつまでもいつまでも見つめているのでございます。




バリケン画像。





# by reishibakusa | 2006-03-22 20:29

宅録婦人Ⅴ

めずらしくテレビを見たくて、
晩ごはんは、近所の、
お世辞にもきれいとは言えない、
どちらかと言うと、かなり汚いおソバ屋さんで。
そもそもスポーツの事など、
ましてや野球など、
ふだんから全く興味ありませんのに、
天ざるをいただきながら、
つい、感動したのでございます。

それから、MDウォークマンにマイクをつなぎ、
町のざわめき音を録るため、
小一時間ほど歩きました。

暗い中、人気の少ない道などでは、
右手で握りしめたマイクは何やらあやしい形状に見えるらしく、
すれちがう方々は、
あからさまによけて行かれます。

なんだか楽しかったので、
鼻歌が出ました。
# by reishibakusa | 2006-03-21 22:42

宅録婦人Ⅳ

こわれたデジタルピアノを、
電源スイッチの所にこう、つまようじを差し込んだりしながら、
かなり長らく、だましだまし使っていたのですけれど、
今日とうとう、
そのピアノの代わりに、
ライブで時々使っております”A-90”というピアノを、
預け先の事務所の方にお願いして、自宅に運んで頂きました。

スイッチ オン。
スイッチ オフ。
スイッチ オン。
スイッチ オフ。

ああ、ふつうに電源が入るって、
なんてステキな事かしら!
# by reishibakusa | 2006-03-20 18:52

宅録婦人Ⅲ

アルトリコーダーと申しますものは、
こう、なんですか、
高音部などを表現致します時に、
左手の親指で、
そおっと、けれど、漏らさぬようにしっかりと、
小さな隙間を作りながら、穴をふさぎ、
ピュウと息を吹き入れますのが、
誠にむつかしいものでございます。

e0029132_18555760.jpg
# by reishibakusa | 2006-03-19 18:57

ウラ話。

今日はこれから、イヌラジの収録なンです。
実は、先日の収録分で、4月から施行される新しい法律、
PSEについてのお話をしたのですが、
オンエアーを待たずして情勢が変わったので、
録り直す事になったンです。

だからあたし、経済産業大臣サンがますます嫌いになりました。
(ええ、もちろんそう言うレベルのお話じゃ無いって事はわかってますけどぉ☆)

それはともかく、
雪割草が咲きました。
わーい。
e0029132_12425886.jpg
# by reishibakusa | 2006-03-18 12:43

宅録婦人Ⅱ

午後、
いつものようにコンピュウタの前で、
亀の歩みよりもゆっくりな作業をしておりますと、
耳の奥から、ヴァイオリンが調弦をするような音が聴こえてくるのでございます。

一本では無い、数本の。

ああ、とうとう幻聴が来たのだわ、
私も年取った(しつこい)のですもの、と思っておりましたら、
それから小一時間も経った頃でしょうか、
ふと窓の外に目をやりますれば、
ヴァイオリンケースを手にした中年女子がお二人、
T字路に向かって歩いて行かれました。

本物だったのだ。
ああ良かった。

何やらほっとして、
キンカンをひとつ、ふたつ、口にほおりこみ、
粘膜がしびれる感覚を楽しみまして、
雨が降り出したのは、
それからほどなくの事でございます。
# by reishibakusa | 2006-03-16 23:12

宅録婦人。

近くの公園に、たいそう立派なしだれ梅が数本ございまして、
人様のあまりおりませぬ頃合に、
ゆっくりと堪能するのが好きでございます。

白や薄紅のドームの下で、
その、品の良い香りにしばらく包まれておりますと、
なんだか自分が少し、許されるような気が致します。
# by reishibakusa | 2006-03-15 18:53

宅録オドレ。

晩ごはんを食べに、”マダムの店”へ行く。
すてきなフランス人マダムがやっている、
近所の小さな地中海料理の店、
もちろん本当は、ちゃんとしたお店の名前があるのだけれど、
私は秘かに、”マダムの店”と呼んでいる。

カウンターで一人、なんとなくおどおどと座っていたら、
突然マダムが話しかけてくれて、どぎまぎする。
単なる雑談なのだけれど、
カウンター越しのさりげない会話、と言うものを、
私は一生できそうに無い。
ふいに逆上して、”オードレイ”の仏語の台詞を、
でたらめにしゃべりたい衝動にかられた。

えくーとぅ、いへーぬ、しゅとぅれでぃしゃでぃみるふぉあ!って、
いきなりしゃべり出したらどうなるかなあ、と妄想しながら、
キドニー豆のスウプを、ゆっくりと飲んだ。

帰りに、赤や黄色やオレンジの、丸い物をたくさん買った。


e0029132_23311078.jpg
# by reishibakusa | 2006-03-13 23:31

〜お知らせ〜

依然として、アルバム録音作業が続く日々なのではございますが、
久しぶりに、ライブの予定が決まりました。

4月24日(月)表参道FAB"

*シンガーソングライター坂本麗衣さんのお誕生日イベントにゲスト出演致します。

4月30日(日) 7thFLOOR"

HIGH BRIDGE presents “7-10 SPLIT Vol.1
18:00 OPEN/19:00 START
”出演:柴草玲、原田博行
料金:\2500(オーダー別)
お問い合わせ:7thFLOOR" 03(3462)4466
※ぴあ等プレイガイドでのチケット販売はありません。
※前売・当日共に同料金です。


お時間がありましたら、どうぞお越しくださいませ!


                                                                                 柴草 玲(37)
# by reishibakusa | 2006-03-12 17:28

自己との会話。


柴草A:(以下A)「それで?」
柴草B: (以下B)「つまり、とあるミュージシャンの方の連絡先がわからなくなって、」
A: 「サイトか何か無いかと思って検索したわけね。」
B: 「そうなのよ。」
A: 「そうしたら、偶然自分の名前を見つけた、と。」
B: 「知らない人のブログだったわ。」
A: 「何て書いてあったの?」
B: 「ひどいのよ、”〜ステージでこうやって並べて見てみると、柴草玲も年取ったなあ” ですって。」
A: 「事実じゃないの。」
B: 「でも、あんな言い方って無いわ。公の場で。」
A: 「だから、安易に他人の日記を読んじゃいけない、っていつも言っているじゃないの。
”パソコン持ってりゃだれでもエッセイスト”みたいな今の風潮は危険なのよ、あんたも含めてね。」
B: 「そうね、でも、つい。」
A: 「どうせ、”あら私ほめられてるのかしら”とかなんとか思ってのぞいたんでしょ。その安いうぬぼれと俗物根性がいけないわ。だからつまらないケガするのよ。それに、公の場って言うけれど、あんただって、このブログで大御所フォークシンガーの方の事、”大和系”とか、”乳首がどうの”とか言って、せせら笑っていたじゃないの。」
B: 「あれはカルタだもの。」
A: 「同じ事よ。他にもあったわね、出しなさいよ。」
B: 「ダメよ、もう発送の準備をしてしまったもの。それに万が一ご本人達がご覧になったらどうするの。」
A: 「大丈夫、絶対見ないって。私が保証するわ。ちょっとこっちにおよこし、ほら!」
B: 「あっ、ダメだったら!!」


e0029132_22492042.jpg
(け)”ケミストリー”


A: 「ひどい絵ね。」
B: 「ええ。でも去年の方がもっとひどかった。今年のはちょっと上手になってしまって、つまらないわ。」
A: 「なぜ毎年カルタに”ケミストリー”が出てくるのよ?」
B: 「わからないわ。”け”のつく言葉が見つからないのよ。」
A: 「あんたのそういうところ、嫌いじゃないわ。」
B: 「私もわりと好き。」
A: 「私たち、もう少しお互いにやさしくしましょう。」
B: 「そうしましょう。」
# by reishibakusa | 2006-03-07 21:29

巣くう宅録。

小さな音楽室のどこかに、
てんとう虫の住処があるらしく、
いろんな柄の彼らをよく見かける。

嫌いでは無いから別にかまわないのだけれど、
窓の開け閉めの時など、
よく、気づかずにつぶしてしまっているようなので、
見つけると、なるべくつかまえて外へ出すようにしている。

でも、出しても出しても、
彼らは、いる。


e0029132_12352845.jpg






おや指の上で、固まっているてんとう虫。
スタンダードなドット柄。色使いがポップです。
# by reishibakusa | 2006-03-05 12:36

宅録続く。

おやつの時間。


e0029132_2056538.jpg
# by reishibakusa | 2006-03-04 20:56


柴草玲(しばくされい):1968年4月1日生まれ。自称ミュージシャン。自称たたみ。身持ちは堅い。


by reishibakusa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
*婦人・ド・ノエル 2016 記録
*婦人・ド・ノエル 2015 記録
*ニュウス
*ライブ記録
*イヌラジ
*映画依存
*婦人・ド・ノエル2012記録
*婦人・ド・ノエル2011記録

最新情報




◇◆◇◆◇◆◇

🔹作曲・編曲を担当させていただいた「まあるいせかい」が、
”’10月のうた('16)”ということで放送されました。








🔹以前、作曲を担当させていただいた楽曲が、”NHKドラマ10”「運命に、似た恋」の主題歌として放送されました。





*2002年よりスタートし、13年間に渡りRADIO BERRYにて毎週日曜にお送りして参りましたラジオ番組 ”イヌラジ”は、
2015年3月をもって終了となりました。
今までお聞きくださったみなさま、お世話になったみなさま、心よりありがとうございました。


◇◆◇◆◇◆

★アートリオン:「遺伝子」



★婦人・ド・ノエル 2015:マルチ画面の記録映像



★樋口舞のmusica da Leda:ゲスト出演




★婦人・ド・ノエル 2013映像素材集↓




★Eテレ『おかあさんといっしょ』の"6月のうた('13)"として放送された「おさんぽクンクン」(作・編曲担当)はレコチョクなどで配信中!

★Eテレ「おかあさんといっしょ」の中で動物の映像が毎回ちょこっと流れるのですが、
2014年から、映像のバックで柴草玲のピアノ演奏が流れております。
動物もいろいろですが、演奏もいろいろです。

★山田洋次監督映画『小さいおうち』('14)に、
チェロの四家卯大さんと共に、ピアニスト役でたいそうちょこっと出演(演奏)をしております。
淡々と、素敵な映画です。



★「たたみちゃんのテーマ」('15麻倉音楽会より)


★「都電荒川線のうた」

★「ミーワムーラとたたみ47宣伝動画」(公演は無事終了いたしました)



★★★★★
終了致しました。お越しくださったみなさま、どうもありがとうございました。↓↓↓


〜’16

*12/29西荻窪ARTRION
柴草玲:マンスリーライブ「西荻の幻」-XXI-(21回目)


⭐︎12/24(土)恵比寿天窓.switch
*柴草玲クリスマススペシャルライブ

「婦人・ド・ノエル 2016」
・出演:柴草玲(vo,pf,acc,etc)
・共演:四家卯大(vc)/東條あづさ(tb)


*12/7
高田馬場四谷天窓.comfort


*11/26西荻窪ARTRION
柴草玲:マンスリーライブ「西荻の幻」-XX-(20回目)

*11/13
神保町試聴室
柴草玲(vo,pf)/飯田華子(紙芝居)+熊坂るつこ(accordion)

*10/29西荻窪ARTRION
柴草玲マンスリーライブ「西荻の幻」-XIX-(19回目)

*10/14
「川村結花と柴草玲~ensemble「こいくち」~」×No Maps
北海道・札幌ペニーレーン24

*10/11
高円寺JIROKICHI
ヒロナリむちゃブリSession 50回記念3daysスペシャル day3 ? Vol.50-出演:
イシカワヒロナリvo,g 小室等vo,g SHY(vo,g) 杉原徹(てつ100%)vo,g
中野督夫(センチメンタルシティロマンス)g,vo 柴草玲vo,pf
KOTEZ(vo,harp)かわいしのぶb 伏島和雄(FRYING KIDS)b 市川ジェームス洋二bバカボン鈴木b 高橋香織vln 仙波清彦perc 関根真理perc
千葉和臣(海援隊)vo,g


*10/8下北沢LOWN
『ふたりとふたりの歌合戦』
柴草玲(vo,p)with多田葉子(sax,cl)
大谷氏(g,vo)andとっちゃん(vo,ピアニカ)


*10/2
池袋 鈴ん小屋
日比谷カタン/柳本小百合/柴草玲

*9/24西荻窪ARTRION
柴草玲:マンスリーライブ「西荻の幻」-XVIII-(18回目)

*ツアー『メルシー兄弟と従姉』
出演:山田晃士・最鋭輝・柴草玲
*9/17(土)名古屋 なんや
*9/18(日)大阪 ムジカジャポニカ
*9/19(月・祝)浜松 Esquerita 68
*9/26(月)下北沢 440

*9/11
西荻窪ARTRION
スペシャルツーマンライブ
柴草玲×KAB

*8/27
西荻窪ARTRION
マンスリーライブ「西荻の幻」-XVII-

*8/19
「真夏のダンス」
渋谷Last Waltz by shiosai
▪️出演:エミ・エレオノーラ/リン・ホブデイ/柴草玲


▪️ツアー【幌馬車は行つた】
小林未郁、NolenNiu-de-Ossi、柴草玲、
*8/5大阪 雲州堂
*8/6名古屋 K.Dハポン
*8/7静岡 UHU
*8/8 東京 Doppo

*7/30(土)
西荻窪ARTRION
柴草玲:マンスリーライブ「西荻の幻」-XVI-(16回目)

*7/9
「エイト島音楽祭2016」
会場:八丈島 ポットホール

*7/6
渋谷 Last Waltz by shiosai
「Wの進化」
▪️出演:柳本小百合/辻隼人/柴草玲

*6/25
西荻窪ARTRION
柴草玲:マンスリーライブ「西荻の幻」-XⅤ-


*6/18
仙台enn 3rd
【Here Comes The Sound vol.105~enn15周年祭】
タンク佐々木(Rooster Call)
tiptop
赤間泰樹
平山真衣
鴉組
びっくりドンキーコング2
柴草玲

*6/10(金)HEAVEN青山
『エデンのもうちょい東』
柴草玲×NolenNiu-de-Ossi×ミーワムーラ

*6/4
【ARTRION FES 2016】
ノグチサトシ/柴草玲/河野圭佑/市川セカイ/世田谷ポスト/ミヤザキナオコ/中村啓士/中村聖美/沢田ナオヤ/村岡広司/だいじゅ


*6/3
入谷なってるハウス
ナオユキ(スタンドアップコメディ)/柴草玲

*5/28
西荻窪ARTRION
柴草玲:マンスリーライブ「西荻の幻」-XⅣ-

*5/17
渋谷Last Waltz by shiosai
『Wの進化』
出演:リトルキヨシ/柴草玲/おおたえみり

*5/9
大泉学園インエフ
柴草玲、多田葉子、不破大輔

*5/7
鈴ん小屋
「僕たちの夜食」
早川義夫/柴草玲

*4/30
横浜O-site
PIANO SOULS 2016

*4/23(土)西荻窪ARTRION
柴草玲:マンスリーライブ「西荻の幻」-XIII-

*4/16
山口県ドクターズカフェcamu
『Music of Clo...ver ?』~versus~
柴草玲×瀬里奈
*4/17
ボートレース徳山キッズルーム

*4/9西荻窪ARTRION
【中央線ラプソディ】
柴草玲×沢田ナオヤ

*4/7
『下北沢、花見の仇討ち』~花のれん vol.2~
下北沢 Lown
・出演:柴草玲(vo,pf,acd) 多田葉子(sax,cl,vo) 遠峰あこ(vo.acd)


*3/26
西荻窪ARTRION
柴草玲:マンスリーライブ「西荻の幻」-XII-

*3/25
川村結花と柴草玲~ensemble「こいくち」vol.2~
代官山 晴れたら空に豆まいて

*3/12
GRAPES KITASANDO
井上侑 柴草玲 ツーマン

*2/27
西荻窪ARTRION
マンスリー「西荻の幻」-ⅩI-

*2/13
西荻窪ARTRION スペシャルツーマン!
柴草玲×KAB.

*2/4
恵比寿天窓.switch
『蒼と焔のエンゲージ』
・エコツミ/柴草玲/東郷祐佳


*1/23
西荻窪ARTRION
柴草玲:マンスリーライブ「西荻の幻」-Ⅹ-

*1/18渋谷Last Waltz
『Wの進化』
・出演:柴草玲/中村月子/山田庵巳

*1/10 HEAVEN青山
『正月鍵盤魂』
・出演:エミ・エレオノーラ/柴草玲/おのゆみ/宮崎陽子

*1/5(火)大久保ひかりのうま
<迎春ライブ!>
・出演:佐藤幸雄と藤木弘史/柴草 玲 with 多田葉子

*1/2(土)吉祥寺MANDA-LA2
「新春ホルモン鉄道ライブ!」-ホルモン鉄道と熟女たちー
ホルモン鉄道 大谷氏・石川浩司
ゲスト:柴草玲(vo.pf)・多田葉子(sax.cl)・とっちゃん(Vo,シンセ、ピアニカ)


。。。。。。。。。。

→2015年のすべてのライブはこちら

→ 2014年のすべてのライブはこちら


→ 2013年のすべてのライブはこちら

→〜2014年までのtopicsもろもろはこちら

「イヌラジ関連」
*番組にご提供くださった岩下食品 のサイトでは、今まで栃木県のお店でご協力いただいた「新生姜でセニョリータ」メニュウがご覧になれます。

*これまで放送された番組コーナー「コピーライターの左ポケット」ストーリーの原稿は、↑こちらのポケット社サイトでお読みいただけます。



....................


[柴草玲Discography] ~アルバム~

*「遺伝子」
(’01”自主制作”)

*「あじさい」
(’01”S2S”)

*「レクイエム」
(’02”S2S”)

*「うつせみソナタ」
(’03”Rock Chipper Records”)

*「会話」
(’04”日本クラウン”)

*「小唄婦人」
('06”キャピタルヴィレッジ共同自主制作”)

*CD+DVD2枚組「さげまんのタンゴ」
('10 自主制作)

~シングル~
*「祭りばやし/前山にて」
(’03”サンクス限定”)

*「精霊たちのえくぼ」
(’04”日本クラウン”)


~NHKみんなのうたCD付き絵本~

*「ヒナのうた」 (’03”NHK出版”)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

ライフログ

We Love 岩下の新生姜 ツイッターから生まれたFANBOOK

NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト まんまるスマイル

NHKおかあさんといっしょ 最新ソングブック やるきまんまんマンとウーマン

小唄婦人

NHKおかあさんといっしょ 最

ヒナのうた

あじさい

レクイエム

うつせみソナタ

会話

精霊たちのえくぼ

W100 ピアニスト (シンコーミュージックMOOK)

NHKみんなのうた BEST40

NHK みんなのうた DVD-BOXⅡ [DVD]

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧