ブログトップ | ログイン

柴草玲(しばくされい) Tango de SA-GE-MA-N.

「婦人・ド・ノエル 2015」曲目(スタッフ用構成表)



12/19(土)恵比寿 天窓 switch.  柴草玲 「婦人・ド・ノエル」構成表


ステージセット

*壊れた階段オブジェ(最初はふたつ。メインの方に座って演奏、もうひとつは転がっている状態。途中で接続)

*ブリキバケツ大(中に、映写機、布、他、ステージで使用をするものを入れておく。

だんだん取り出してまわりが散らかってゆく)

*トルソー(転がしておく。途中で一緒に踊る)

*発砲スチロールのかけら(階段の破片の意味)

*小さな缶(冒頭で使用)



ーーーーーー


暗転~●SE1(CDR:雑踏) 柴草板付き


~頭にベレーの柴草。クリスマスの慈善金をつのっているかのような風情に見せているが、物乞い。

 しばらくまわりの様子をうかがってから


M1 サセックス・キャロル(アカペラ、ルーパー使用)


~ルーパーで声は流れっぱなしの中、まわりをうかがうリアクション。缶の中を確かめ、いきなりなげやり。

 ベレー脱いで、缶もベレーも階段横のバケツに捨てて、そのまま去ろうとする。

 あれ?と立ち止まる。

 もういちどバケツの中をのぞき、中のものをいろいろ散らかす。

 そして、*映写機を取り出す。


 *映写機を珍しそうに、なんだこれ、と眺め回す。そして、リール部分をちょっとくるくるまわしてみる。

  おもしろがってくるくるまわしていると、


 ■映像1(DVD:2006,2007ノエル:短め)


~柴草きょとんとする。そして、改めて、夢中になってリール部分をくるくるまわし出す。


 ■映像2(2008~2010ノエル:少し長め、そしていきなりサングラス、鎖で手を拘束されている女が映る)↓★ここから映像しばらく流れっぱなし


~ノエル映像に観入っていた柴草、妙な女の登場に驚く。女はスクリーンの中から、威圧的である。

 鍵をよこせ、もしくは歌え、と言っているらしい。しかたなく、また階段にきちんと座って歌い出す。



M2  Ponta de areia (アカペラ、さわりだけ)



~スクリーンの中の女にすぐに阻止される。日本語の歌にしろ、と言われているらしいので、しかたなく、



M3 富山哀歌(アコーディオン使用、ワンコーラスのみ、語りに入ったところで女に阻止される)



~女はヒステリックになにかわめいている。柴草途方に暮れる。そして、散らかっているがらくたの中に、ふと、ハイビスカス造花(?)を見つける。

 ナビィのことを思い出す。女はわめいている。映写機を散らかっていた中にあった布で覆ってしまう。女消える。★↑ここで映像ストップ



M4 オキナワソバヤのネエサンヘ(アコーディオン使用)

M5 金魚(アコーディオン使用)



●SE2(鐘の音・雑踏)

~まわりを見るが、もう何も期待していない。


M6 ホテルおぎくぼ(ルーパー&カシオトーン使用)


~曲のエンディング(多重がエスカレートしてゆく)あたりから、


■映像3(2011~2013ノエル、サングラスの女、2014ノエル、など。↓★ここからしばらく流れっぱなしになるかも?)


~映写機がいつの間にかスクリーンにも入り込んでいて、映像の女がリールをまわしている。

 2014ノエルの映像が映ったところで、柴草、昨年の記憶が甦り、ちょっと待って、フィルムを止めて、と、伝えるが、

 女は聞いてくれない。ここから、柴草とサングラスの女とのせめぎ合いがはじまる。

 双方、だんだん憤ってゆく。そして、


~次曲への導入音源(ここで、何らかのパフォーマンス:カシオトーン使用の可能性大)



M7 無理な階段:改訂版(ハンドマイク&スタンドマイク:映像流れっぱなし:オケもDVD出し)


~曲終わりで鍵を見つける(ホテルおぎくぼキーホルダー付き)。映像の女の鎖をほどく。解放される女。

 お互いにおだやかな表情。



M8 南米のノウゼンカズラ1コーラスめはスタンドマイク:映像は消えている状態ですが、オケがそのままDVD出しなので流れっぱなし)


~間奏から、トルソーと共に踊りながら、会場後方に移動。トルソーを階段に置いて、2コーラスめを歌う。

(後ろに、ハンドマイクスタンバイしていただけるとありがたいです)

 歌いながら、トルソーに電飾(20m)を巻いてゆく。曲終わりで点灯。(↑DVDここまで)


*DVD終わりで、すぐにCDR音出し(レクイエムのアカペライントロ)


M9 レクイエム

  (電飾を持ってステージに後ろ向きにゆっくり移動しながら、1コーラスめは生声完璧アカペラ。

   生声が諸々状況的に難しそうだったら、ハンドマイク。

   2コーラスめからは、アコーディオンでスタンドマイク)


曲終わりで、さきほどの鍵を改めて手に持つ。

はじめて、ピアノを見る。

懐かしい。

ピアノに向かう。鍵を開ける。ふたを開ける。


M10 雪


M11 R45(仮)


M12 おそうしき


M13 精霊たちのえくぼ (エンディングで■映像4出し:ハンディカムから)



~本編終わり


アンコール


*たたみちゃんのテーマ

*前山にて




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





それでは、「無理な階段物語」を。

これは、Ma*Toさんによる作業段階。

座る部分、かなり頑丈です。

素材はベニヤ、上に続いてゆく部分は発砲スチロールです。↓






e0029132_20494989.jpg


このあとMa*Toさんは旅に出られ、

階段は、わたしの家から、

やはりステージで使用するブリキバケツと共に、

まきのさんご実家(ほんとにお世話になりました)に里子に出され、

こんなふうに、塗装作業をはじめていただきました。↓

(そして同時に、永遠につづく部分も作成されてゆくのです)


e0029132_20500759.jpg



ちなみに、ブリキバケツは、自分でゴリゴリけずって塩水をまぶして放置しておいたのですが、

なかなか錆びてくれず、たまたまこの時期ライブで横浜にいらしていたミーワムーラさんの助言によると、

「削りが足りないのでは」「お醤油が効く」などとのことで、

まきのさんがいろいろ試してくださったようです。

さらに、ボロボロ感を出していただくために、ゴンゴン叩いたりもしていただきました。

まきのさんのおねえさまも、秘かに少し叩いてくださっていたそうです。

(おねえさま、この場を借りて、お礼を申し上げます)




そして、さらに、まきのさんご実家で作成されたパーツは、switchに運ばれます。↓

この間、わたしは自宅でひたすら、ノウゼンカズラのカラオケを作ったり、

自宅撮影をしたり、

吉野さんお仕事場におジャマして、ひたすら映像編集の確認をしたりしていたと思います。

もうかなり本番が近づいていた頃です。



e0029132_20503085.jpg


e0029132_20505068.jpg


そしてこれは、前夜の写真です。↓


e0029132_20551410.jpg


すべての塗装も終わり、

まきのさんと、松村さんの手によって各パーツも接続され、

見事最終仕上げをしていただいた階段は、

やはり、すべて仕上げていただいた映像と共に、

ステージ上で、もろもろのチェックをされました。


この頃自分は、自宅にて、

最後に使用する「自己との会話」部分を、ハンディカムで撮ろうとしていたはずです。




そして怒濤の、けれど本当に至福の本番を終えて、

階段は、あっと言う間に、取り壊されました。↓


e0029132_20554656.jpg



現場スタッフのみなさまの、手際の良さったらお見事でした。


この階段、

最初、無謀にも、基礎以降の残り部分、自分で仕上げようとしていたのです。

まきのさんはじめ、見かねたみなさまが、

それはこちらで引き受けるから、れいさんは内容のことに集中してください、

と言ってくださったのでした。


涙出た。ほんと、あの時。

そして、今年の舞台、なにがなんでも、

自分に、みなさまに、恥ずかしくないようにやり切ろうと思いました。


力(そして、貴重なスペースも!)を貸してくださったすべてのみなさま、

本当に、本当に、どうもありがとうございました!!!!!

お世話になりました!!!


ノエルで、大道具を手作りした(していただいた)のは、はじめてでした、、。

もうほんと、すみません、

「階段作って、曲の途中でつなげたい」

とか言ったばっかりに、たくさんの方々を巻き込みまして、、。


しかし、ほんといろんなお心遣いが、心意気が、

ありがたかったなあ。






今回、映像がとても多い演出でした。

自宅撮りの拙いシーンもけっこうあったのですが

(吉野さんの処理によって、どのシーンも本当に雰囲気のあるものにしていただきました)、

フィルムのリールが転がる、ほんのちょっとの場面がありまして。

これ、なかなかいい位置で止まってくれなくて、何十回撮り直したことか。


「無理な階段・改訂版:演出用ミュージックビデオ導入部分」のいちばん最初のところですね。

下に敷いてあるのは、アニメコラージュ(これも最初、無謀にも自分でやろうとしていた)用に、

小柳さんに作っていただいた、昨年ノエルのとあるシーンの連続画なのです。


自宅撮りでは、部屋に黒い布を張り巡らせて、

黙々と、鎖を手首に巻いて撮っておりましたが、

なんかそのあたりの写真、一応記録しておいたのに、なぜかぜんぜん見つからなくて。

どこに消えちゃったんだろう。


ですので最後は、

そのリールと、

あと、ペンキ塗りたてトルソーの、ホテルおぎくぼルームキーとの記念写真で、

〆たいと思います。



長々とシツレイいたしました。


ああ、これでやっと、年が越せる。


来年は何やろうかな。




e0029132_21012643.jpg

e0029132_20493238.jpg



fin.




e0029132_03142417.jpg


by reishibakusa | 2015-12-31 21:51 | *婦人・ド・ノエル 2015 記録